香住浜。

 29, 2013 12:11
前回の記事の続き、

炭火焼専門店 かに道場」で食事を終え
海の写真が撮りたく「かに道場」の真ん前に広がる「香住浜」へ
kasumihama-1.jpg

kasumihama-2.jpg

kasumihama-3.jpg

kasumihama-4.jpg

波が荒い岩の方へ移動。
kasumihama-5.jpg

岩と岩の間にこのような小さなバイ貝が沢山。
kasumihama-6.jpg
小さいけど茹でて針でほって食べると美味しいんです。

寄せては返す波。
kasumihama-7.jpg

ひたすら写真を撮る。

kasumihama-8.jpg

kasumihama-9.jpg

kasumihama-10.jpg

kasumihama-11.jpg

kasumihama-12.jpg

ドラゴンさん。
退屈そうにしていたので、ここら辺で退散。

その帰り道、県道4号線沿いにある「かすみ・矢田川温泉」へ立ち寄りました。
yatagawaonsen-1.jpg
入浴料大人¥600_

雑誌じゃらんのクーポン券を利用して¥100_引き。

温泉そのものは大したことなかったんですけど
ロビーが広々としていて
湯上りにマッサージ機(10分100円)で20分。
ゆっくりと寛げたので良かったです。

写真撮影日:2013/11/09


大きな地図で見る


湯村温泉

 05, 2012 18:41
あけまして おめでとうございます。

今年、初投稿の記事になります。

少し前のことですが、

湯村温泉にある共同浴場「薬師湯」に行って来ました。

と・・その前に湯村温泉を散策

想像していたのと違って意外に、こじんまりとした温泉地です。
湯村温泉-1
湯村温泉の元湯は「荒湯」と呼ばれ98度と高い温泉が豊富に湧き出ているのだそうです。

湯村温泉-2

高温泉ということだけのことがあり、湯気が熱気を帯びています。
こちらでは、その場で温泉たまごを茹でて食べることができます。

何軒かのお店があるのですが、そこで生たまごを買い
湯村温泉-3

こちらで、茹でます。
湯村温泉-4

二か所ある茹で場「なかの湯つぼ」と「かみの湯つぼ」は温度が違います。
湯村温泉-5

湯村温泉-6
売り場の店主が「かみの湯つぼ」のほうが早く茹であがると言っていました。

石段を降りると、ふれあいの湯があります。
湯村温泉-7

湯村温泉-8
掛け流しの天然温泉に足を浸けてホッこりできるいこいの場ですね。

橋を渡って夢千代日記の吉永小百合像を見てきました。
湯村温泉-9

こちらが吉永小百合さんの手形です。
湯村温泉-10

そういえば湯村温泉て夢千代日記の舞台となったことで
有名になったのではなかったかしら・・??

ぶらり散策を終え「薬師湯」へ。
湯村温泉-11
ええお湯でした。

写真撮影日:2011/11/12


大きな地図で見る

玄武洞公園

 08, 2011 10:07
前回の記事の続き、保養所をチェックアウト後、「玄武洞公園」へと向かいました。
玄武洞公園-1
ココは友人が是非訪れてみたいと言っていた場所です。

玄武洞ミュージアムから徒歩数分、ゆるい上り坂を上って行きます。

玄武洞公園-3
最初、目に飛び込んできた洞窟は青龍洞。

このような自然の形状には思わず圧倒されます。

玄武洞公園-2

柱状節理の美しい青龍洞。

岩石に見られる規則正しい割れ目を節理と言い、
それが柱のようになったものが柱状節理です。
玄武洞公園の洞窟の中でも特に美しい柱状節理を
見せてくれるのが青龍洞です。
このような柱状節理は、熱い溶岩が固まり、冷えて
いく過程で岩石が収縮してできたもので、溶岩の
表面から中心部に向かって伸びていきます。

     ------玄武洞公園内看板より引用------


玄武洞公園-4

玄武洞公園-5

玄武洞公園-6

更にゆるやかな石段を上って行くと玄武洞が見えて来ます。
玄武洞公園-8

玄武洞公園-7

玄武洞の溶岩をつくった火山

今から約300万年前~約1万年前、但馬地域一帯では
盛んに火山の噴火が起こっていました。そのなかで、
玄武洞付近を構成しているのは、約160万年前に噴出
した玄武洞の溶岩であるとされています。その火山の
形は残っていませんが、公園の周囲や円山川をはさんだ
対岸の地域にも同じ玄武岩が分布しており、広い範囲
を覆った火山活動があったことがわかります。

     ------玄武洞公園内看板より引用------


玄武洞公園-9

玄武洞公園-10

またまた更に石段を上って行くと
白虎洞が見えて来ます。
玄武洞公園-11

ようやく今度は石段を下りて行きます。

北朱雀洞です。
玄武洞公園-12

角度を変えると
南朱雀洞です。
玄武洞公園-13

これで玄武洞公園散策は終了です。初めて訪れた友人は、とても感動していました。
(感動のツボは人それぞれですね

この日は台風の去った後で天候は曇り空、小雨もぱらぱらと降っていたので
涼しくて良かったです。

写真撮影日:2011/09/04


大きな地図で見る

お次は、城下町出石と出石手打ち皿そば続く・・・。

播磨屋本店

 01, 2008 19:15
前回の記事城崎温泉の帰り道、立ち寄った播磨屋本店
播磨屋1

自然にこだわり100%国産米を使用して製造したおかき、せんべいを中心に
販売している老舗のおかき処。
播磨屋2

ここ生野総本店では、どのおせんべいやおかきでも味見できるので
お気に入りの味が購入できます

お値段は100円単位~1000円単位の物まで種類、味と共に
バリエーションも豊富。

品があってお土産にも最適

甘味物やお茶を頂きながら、一服できる茶寮
播磨屋3

播磨屋4

播磨屋5

茅葺きの建築物と水車、必見の価値あり!和田山方面へお出掛けの際は
是非ともお薦めの場所です。

写真撮影日:2008/11/03

播磨屋本店
所在地:〒679-3302 兵庫県朝来市生野町円山字京田30番地
営業時間:AM10:00~PM18:00
定休日:12月31日~1月3日
TEL:079-679-4565
駐車場:あり

WHAT'S NEW?