湯治場21 大見山荘

 01, 2012 10:56
前回の記事の続き、

修善寺 虹の郷から竹林の小径へ回りたかったのですが、
二人して疲れてしまい、この日の宿「湯治場21 大見山荘」へ向かいました。

やはりこの日も一番乗り

毎度、安くて良い宿探しに執念を燃やす我が家が検討に検討を重ねた結果
クチコミでもかなり評判の高い「湯治場21 大見山荘」に決定。
大見山荘-1

実は一度キャンセルして再び予約した宿です。

理由は完全アウトバス・トイレ

この時期めちゃめちゃ暑い
お風呂が自由に利用できなかったらどうしよう・・・といった理由からです。

しかし、その点をメールで問い合わせた結果
滞在中は、24時間利用可能ですし
連休で混み合うことから
貸切風呂は2か所稼働するということで、悩みは解消です。

今回もじゃらんで予約。

プラン名:伊豆屈指の泉質を!伊豆TO-JI かかりつけ湯プラン

大人1名¥6,825_×2=¥13,650-利用ポイント:1300ポイント
ポイント利用後:¥12,350_(税込・サービス料込)+別途入湯料¥160_×2=¥320_

階段を上り
大見山荘-2

大見山荘-3

二階の部屋へ


二階のローカの隅にお茶セットがあり、
必要であれば各自部屋に人数分持ち込んでお茶をいただきます。
大見山荘-4

部屋は、角部屋の和室
大見山荘-5

大見山荘-6

大見山荘-7

布団敷きは、セルフです。
大見山荘-8

窓からの眺め
大見山荘-9


部屋の鍵を渡されなかったので「ん?」と思いましたが、確か
クチコミでもそのようなことが記されていました。

しかし後から来た宿泊客の方が、受付で部屋の鍵を申し出ていたのを聞いて
我が家も鍵をもらいました。やはりその方が安心です。

この日もチェックイン1号だったので
一番風呂が利用できました。

更衣室
大見山荘-10

この日利用できた貸切風呂は2か所
常時利用できる大きいほうの貸切風呂は、鍵が付いていないので
使用中の板看板を表のドアにかけて入ります。

もう一方の小さめの貸切風呂は鍵が付いているので
鍵をかけて入ります。

天然温泉掛け流しということで
入浴中は、蛇口を開けっ放しで入ります。
出る際は必ず蛇口を閉めて下さいとのこと。
湯温は調整されている為、勝手に熱いからと水で薄めないで下さいと記されていました。

先ずは、大きめの貸切風呂へ入りました。
勿体ないほどの広さです。
大見山荘-11

蛇口を解放して掛け流し
お湯は熱めでしたが、泉質はとても良かったです。

洗い場は、2か所ありました。
大見山荘-12

お風呂上り、部屋で一時寛いで

あっという間に夕飯の時間がきました。

夕飯は、PM6:00
朝食は、AM8:00と決まっています。

一階の食堂でいただきます。

ここで、気さくなオーナーと評判通り
オーナーの人柄が発揮されていました。

接客は決して丁重とはいえませんが、面白おかしく
料理の説明をされていました。

我が家が、一度キャンセルしたことで印象深い
何処○○から来たこと(個人情報だだ漏れです 
新東名はどうだったか等を話しかけられました

(-_-;)

料理は、駿河湾の海の幸を利用した刺身や山荘で栽培している無農薬野菜を使った煮物や
和え物を中心に品数を揃えた家庭料理でおもてなしという内容です。

大見山荘-13

なすびの煮びたし
大見山荘-14
味付けが良かったです。(真似したい)

大見山荘-15

確か、鹿肉と言っていたような気が・・・?
大見山荘-16

大見山荘-17

大見山荘-18

大見山荘-19

ご飯は、玄米
大見山荘-20

自家製味噌を使用した味噌汁です。
大見山荘-21

なるほど、クチコミ通り料理はとても美味しかったです。
特に焼き魚は、どこで食べても美味しいと思ったことがなかったのですが
絶妙な塩加減、焼き立てを頂くことができたので初めて美味しいと思いました。

食後は、もう一方の小さめの貸切風呂へ
こちらも、十分な広さです。
大見山荘-22
造りは、大きい貸切風呂とほぼ同じでした。

この日の夜は、早めの入眠。

一夜明け、

宿の朝食です。
大見山荘-23

大見山荘-24

大見山荘-25

自家製トマトと卵の料理
大見山荘-26
美味です。

大見山荘-27

やはり焼き魚は、とても美味しかったです。

宿泊してみての感想は、

アウトトイレは多少不便ですが、
清掃も行き届いていて全体的にキレイです。
温泉も料理もとても良かったです。

オーナーの人柄との相性は別にして・・・

リピーターさんが多い宿だそうですが、確かに湯治場として滞在するには
とても良い宿だと感じました。

これで、何回かに分けて更新した「伊豆高原から中伊豆方面へ旅」の記事もお終いです。

連休最終日のこの日は、我が家まで直行です。

宿から近い「大見の郷 季多楽」だけ立ち寄りました。
季多楽
新鮮野菜が、お安く売られていました。

宿泊記録:2012年7月


スポンサーサイト

WHAT'S NEW?