ひがし茶屋街

 28, 2012 20:58
前回の記事の続き、

ひがし茶屋街散策でも
前回同様、駐車場探しで一苦労しました。
茶屋街の路地で右往左往
駐車場案内標識はあるのですが
なかなか辿り着けませんでした。
一旦国道に出たところで、東山観光駐車場の入り口を発見!
警備の人に「20分待ちですけど、良いですか?」と聞かれ即座にOK!
駐車場探しより20分待つほうが無難です。
ラッキーなことに5分もすれば、空きが出て駐車することができました。
ひがし茶屋街-1
駐車料金は約1時間半で¥400_でした。
駐車場を抜け、暫し、ひがし茶屋街を散策です。

ひがし茶屋街-2

ひがし茶屋街全体が、重要伝統的建造物群保存地区に指定されているそうです。

先ず、レストラン自由軒や甘味カフェ茶ゆのある広場に出ました。
ひがし茶屋街-3
レストラン自由軒の前は、行列ができています。

そこ(広場)から人の流れに従い右方向に進んで行きます。

何やら格式ある伝統的な建物が並んでいます。
ひがし茶屋街-4

ひがし茶屋街-5

一軒一軒が趣向を凝らした店構えです。

ひがし茶屋街-6

ひがし茶屋街-7

ひがし茶屋街-8
茶屋街の路地
ひがし茶屋街-9

茶屋美人(旧かみや)さんに入ってみました。
ひがし茶屋街-10

中はとても雅な香りが漂っています。ふらふらと奥の方へ
美容系の茶葉を配合したドリンクが飲めるコーナーがあり
相方ドラゴンに「飲む?」と聞いたところ

「いらん。」

「・・・

早々に退店しました。

店内は、ちゃんと見られませんでしたが
シャンプーやボディソープ等の生活アイテムを中心に
いろいろな物を取り扱っていました。

ひがし茶屋街-11

ひがし茶屋街-12

加賀麩不室屋
ひがし茶屋街-13
加賀麩不室屋さんのおやつ麩を試食したら、サクッとした食感でほのかに甘く
とても美味しかったのでお土産に購入しました。

ひがし茶屋街-14

突き当りを左折し、角を右折
裏通りです。
ひがし茶屋街-15

ひがし茶屋街-16

そばやさんや和菓子処、喫茶がありました。

ひがし茶屋街-17

突き当りを左折すると
元来た広場に出ます。

昼時をとっくに回っていましたが、
先ほど行列ができていた
自由軒で昼食を取ることにしました。
ひがし茶屋街-18
店内は、満席でしたがカウンター席が空き
すぐに席に着けました。

本日の日替わり定食
メンチカツとチキンのクリーム煮¥920_を注文

サラダにかかったドレッシングが美味しかったです。

お腹もいっぱいになったところで
食後、この日の宿「R&Bホテル金沢駅西口」へ向かいました。・・・つづく・・・

写真撮影日:2012/08/12


大きな地図で見る
スポンサーサイト

兼六園

 26, 2012 20:36
前々回の記事の続き、

ホテルをチェックアウトし向かった先は、
金沢市にある日本三名園の一つ、文化財指定庭園 特別名勝「兼六園」。
兼六園-1

この日は、金沢ゆめ街道なる催し物が開催されており一部進入禁止になっていたり
兼六園付近の県営兼六駐車場は満車でしたし、先ず駐車場を探すのに
一苦労しました。周囲をグルグル二周ほどして見つけたのが、TOMOパーキング金沢片町。
(約一時間半で¥600_でした。)

そこから徒歩で百万石通りを兼六園に向かって行きました。

天気予報では雨でしたが、この日は有難いことに晴れ晴れとした空模様で
とても暑かったです。

兼六園-2

真弓坂
兼六園-3

兼六園-33

料金所
兼六園-4
入場料は大人一名¥300_

兼六園は、数年前のゴールデンウィーク一度訪れたことがあり今回で
二度目の来園です。

以前は、もう少し何かしらの花が咲いていたような気がしますが、
今回は緑一色の兼六園でした。

瓢(ひさご)池方面から回ります。
兼六園-5

兼六園-6

兼六園-7

兼六園-8

兼六園-9

海石塔(右)
兼六園-10

夕顔亭
兼六園-11
園内で最も古い建物で1774(安永3)年に建てられた茶室だそうです。

三芳庵
兼六園-12

兼六園-13

兼六園-14

噴水
兼六園-15
霞ヶ池を水源としており、自然の水圧であがっており
水の高さは、およそ3.5メートルあるそうです。

食事処
兼六園-16

兼六園-17

兼六園-18

兼六園-19

兼六園-20

兼六園-21

霞ヶ池
兼六園-22
この辺りは兼六園内でも見所の一つです。

兼六園-23

兼六園-24

兼六園-25

兼六園-26

兼六園-27

兼六園-28

兼六園-29

兼六園-30

兼六園-31

梅林の所まで来ました。
兼六園-32

これで、ざっとですが一周しました。

終わりごろ、相方ドラゴンが一言「松ばっかり撮ってるわ」。

「確かに・・・」。

写真撮影日:2012/08/12


大きな地図で見る

次は、「ひがし茶屋街」へ、・・・つづく・・・

あやとりはし

 17, 2012 10:54
前回の記事の続き、

「月うさぎの里」から「あやとりはし」方面へと移動

ナビの案内は、間違ってはいなかったものの
辺鄙な場所で案内を終了され周囲を見渡しても
橋がどの場所にあるのか見当がつかず
諦めかけたその時、「あやとりはし」の案内版を見つけました。

これまた運よく山中温泉、ゆげ街道沿いに観光無料駐車場が一台分空いていて
車を止めることができました。

「山中温泉 ゆげ街道」を歩いて行くと
あやとりはし-1

途中「あやとりはし」への案内板があります。
あやとりはし-2

矢印通り進んで行くと「あやとりはし」に到着。

あやとりはし-3

あやとりはし」は、華道家であり映画監督でもある勅使河原宏氏によるデザインで
S字型に設計されているそうです。
あやとりはし-4

橋を渡ってみます。
あやとりはし-5

あやとりはし-6

あやとりはし-7

橋から下を覗くと、鶴仙渓沿いにある川床が見えます。
あやとりはし-8

橋を渡って川床まで行ってみることに・・・。
あやとりはし-9

広場に出ました。
あやとりはし-10

あやとりはし-11

更に石段を降りて行きます。
あやとりはし-12

川床に到着。
あやとりはし-13
席料大人¥200_(加賀棒茶付)+川床セット¥500_
川床セットは、道場六三郎スイーツ
冷製抹茶しるこ又は、川床ロールですか。

涼しげで、ホッと一息つけそうな川床ですが・・・
あやとりはし-14

しかし・・・

スイーツでは満たされない空腹の私たち

川床を後にし
あやとりはし-15

あやとりはし-16

再び、ゆげ街道へ
あやとりはし-17

あやとりはし-18

ゆげ街道沿いは、とても雰囲気の良い町並みでした。
あやとりはし-19

次は、味処「こんぱ亭 橋爪案」へ、・・・つづく・・・

写真撮影日:2012/08/11


大きな地図で見る

前回の記事の続き、

お菓子城加賀藩文化村へ立ち寄り、
お菓子城加賀藩文化村
(※美味しそうなお菓子や可愛らしいお菓子が豊富にあり、
二階には折り紙博物館、百万石城下町の方には、いろいろな土産物がありました。)

その後「月うさぎの里」へ向かいました。
月うさぎの里-1
入場は無料
駐車場も無料です。

月うさぎの里-2

園内に入った途端、うさぎさんの匂いが充満しています。

うさぎに触れるには、必ず手袋の着用が義務付けられています。

うさぎの意外な大きさにびっくりです。
月うさぎの里-3

沢山のちびっ子たちが喜んでうさぎと触れ合っていました。

可愛いうさぎを発見
月うさぎの里-4

月うさぎの里-5

このこが一番可愛かったです。
月うさぎの里-6

月うさぎの里-7

月うさぎの里-8

また総合売店では、他店では見られない可愛らしいウサギグッズがいろりろあり楽しめました。

写真撮影日:2012/08/11

次は、「あやとりはし」へ向かいます。・・・つづく・・・


大きな地図で見る


大きな地図で見る

ドタバタのお台場合衆国行きを決行した昨年の八月。
思い返すだけでも、暑さと疲労感がよみがえります。

今年は一日余分に休みが取れた我が家の夏休み
加賀から金沢を巡るゆったりとした北陸方面への旅となりました。

いくつか立ち寄りたい場所の中から
一番最初は、加賀の伝統工芸村ゆのくにの森」へ
ゆのくにの森-1

お得な割引クーポンを印刷し持参したら
入場料が大人1名¥530_→¥430_と¥100_もお得です。

「ゆのくにの森」では、さまざまな加賀の伝統工芸
絵付け、ろくろ回し、型染、蒔絵、陶板、手漉き等11の館で
50種類以上のを体験することができます。

とりたてて私たちは、何か体験したかったわけでなく
主な目的は森の散策です。

順路に沿って適当に歩きながら
撮りたい被写体だけをカメラに収めてきました。

ゆのくにの森-2

入園時間の午前9:00頃から、雨が降りだしました。

途中までは、傘を差しながらの散策、写真撮影です。

夏の風物詩「七夕飾り2012」
ゆのくにの森-3

ゆのくにの森-4

輪島塗の館
ゆのくにの森-5

茶の湯の館「万丈庵」
ゆのくにの森-6

ゆのくにの森-7

友禅流し
ゆのくにの森-8

友禅の館
ゆのくにの森-9

ゆのくにの森-10

山野草庭園
ゆのくにの森-11

ゆのくにの森-12

ゆのくにの森-13

ゆのくにの森-14

ゆのくにの森-15

小さなカエルが何匹かピョンピョン跳ねていました。
ゆのくにの森-16

風鈴音色坂の風鈴
ゆのくにの森-17

ゆのくにの森-18

睡蓮の池へ向かう途中咲いていた花です。

アメリカ芙蓉
ゆのくにの森-19

ゆのくにの森-20

ゆのくにの森-21

ゆのくにの森-22

ムクゲ
ゆのくにの森-23

ゆのくにの森-24

ゆのくにの森-25

睡蓮の池
ゆのくにの森-26

ゆのくにの森-27

ゆのくにの森-28

ゆのくにの森-29

ゆのくにの森-30

ゆのくにの森-31

ゆのくにの森-32

ゆのくにの森-33

ゆのくにの森-34

ゆのくにの森-35

ゆのくにの森-36

ゆのくにの森-37

ゆのくにの森-38

ゆのくにの森-39

金箔の館
ゆのくにの森-40

ゆのくにの森-41
オルゴール館
ゆのくにの森-42

ゆのくにの森-43

ゆのくにの森-44

ゆのくにの森-45

ゆのくにの森-46

陶磁器が展示されたギャラリートイレ
ゆのくにの森-47

九谷焼の館
ゆのくにの森-48

この頃には、雨が止み
陽が射し始め気温が上昇

お土産屋さん「のれんの館」
ゆのくにの森-49

お休み処
ゆのくにの森-50

ゆのくにの森-51

ゆのくにの森-52

ゆのくにの森-53

ゆのくにの森-54

総合売店の中を通り出口です。
ゆのくにの森-55

写真撮影日:2012/08/11

次回へ、・・・つづく・・・


大きな地図で見る

WHAT'S NEW?