nanbanhamanako-004.jpg

年明け三日の朝、本当はこの日帰路に着く予定でした。


しかし前日ニュースで流れていた天気予報は、どうも帰りの高速道がやばそうな雰囲気。


急遽、この日まで連泊していた「くれたけイン浜名湖」の近くにある「ホテルnanvan浜名湖」予約しました。


ホテルnanvan浜名湖」は2012年11月に一度連泊したことのあるホテルでことのほか印象が良く是非もう一度泊まってみたいホテルでした。


我が家にとってこのホテル一番の魅力はコミックが無料で読み放題という点です。


コミックは、室内持ち込みOK。

チェックアウトの際に元の棚に戻そうとしたらフロントで「こちらでお預かりします。」と言われました。どうやら室内に置いたままチェックアウトしてもかまわないようです。

バラバラに収納されると二度手間になるからかもしれません。
ホテルnanvan浜名湖








ホテルnanvan浜名湖 ロビー。



フロント前のロビー。
nanbanhamanako-001.jpg
奥に見えるのが朝食レストラン。その奥が6,000冊にも及ぶコミックや書籍がずらり本棚に並んでいます。


待合室のソファー。
nanbanhamanako-002.jpg

nanbanhamanako-003.jpg

プラン名/プラン内容。


 

プラン名:スタンダードプラン。


プラン内容
■朝食無料
■平面駐車場70台無料
■全室インターネットLAN接続無料
■シモンズ製高級ベッド使用
■広々ユニットバス

設備・備品
■42インチ地デジ対応液晶フルハイビジョンテレビ
■ビデオ・オン・デマンド完備(有料)
■個別空調
■インターネット接続無料(LANケーブル設置)
■広々ロングデスクと電気スタンド
■電磁湯沸かし器兼加湿器
■マイナスイオンドライヤー
■温水洗浄便座
■安心のサムターンロック2ヶ+ドアガード 非接触式カードキー

アメニティ
■シャンプー・リンス・ボディーソープ
■フェイス&ハンドソープ
■歯ブラシセット
■ヒゲソリ(2枚刃)
■バスタオル・ハンドタオル・バスマット

ホテルnanvan浜名湖 室内。




部屋タイプは、禁煙のコンフォートダブル。
nanbanhamanako-005.jpg


室内の広さ17平米もあります。


ベッドは、高級シモンズダブルベッド。
nanbanhamanako-006.jpg


二人でも余裕の広さ。


バスタブもゆったりサイズ。
nanbanhamanako-007.jpg


窓からの眺め。
nanbanhamanako-008.jpg
浜名湖に面したくれたけイン浜名湖と比べると景観は×。

ホテルnanvan浜名湖 宿泊料金及び感想。



大人¥4,000_×2=¥8,000_
楽天ポイント利用¥500_
差引支払金額¥7,500_(消費税込)


静岡で泊まって良かったランキング部屋部門第1位に選ばれている「ホテルnanvan浜名湖」ですが、約2年前と比べ室内は全体的にやや古びた印象に。


前日まで宿泊していたくれたけイン浜名湖比

朝食 ホテルnanvan浜名湖  くれたけイン浜名湖
室内の広さ ホテルnanvan浜名湖  くれたけイン浜名湖
室内空間の快適さ ホテルnanvan浜名湖  くれたけイン浜名湖
サービス ホテルnanvan浜名湖  くれたけイン浜名湖
スタッフの対応 ホテルnanvan浜名湖  くれたけイン浜名湖


素泊まり(朝食無料)の宿泊料金はくれたけイン浜名湖と比べ高めに設定されているのでコミックの読み放題は魅力的ではありますが、ホテルnanvan浜名湖への印象がほんの少しばかり変わってしまった今くれたけイン浜名湖の近くにレンタルショップGEOもあることを考えるとどちらともいえません。


従って今後も室内の広さより眺めの良い快適な空間を提供してくれる料金の安いくれたけイン浜名湖のほうが優先順位が上かなといったところが正直な感想です。

宿泊記録:2015年5月



 

スポンサーサイト

ホテルnanvan浜名湖

 27, 2012 12:20
前回の記事の続き、

「チェスティーノ湖西店」で食事を済ませ
この日の宿「ホテルnanvan浜名湖」へと向かいました。

「チェスティーノ湖西店」から近く「ホテルnanvan浜名湖」に直ぐに到着。
nanvanhamanako-1.jpg

nanvanhamanako-2.jpg

以前宿泊したホテルくれたけイン浜名湖(←以前の記事)からは目と鼻の先ほどの位置にありました。

予約する時点でじゃらんにて、いろいろ検討した結果
内容がわりと良かったので我が家にしては珍しく滞在です。

ケチケチ我が家の旅日記とコンセプトにある通り
出掛ける頻度が高い我が家は一度の旅行に毎度それほどお金をかけていないつもりなのですが
今回は年末年始を控えていることもあり更に安上がりな旅に仕上げました。

よって見つけたプランはなんと一泊二食付きで
大人1名¥3,900_× 2名=¥7,800_×2泊=¥15,600_(税込・サービス料込)
朝食は無料で夕食といっても¥500_の定食です。

その分昼食はほんの少しリッチにという感じです。

エントランス。
nanvanhamanako-3.jpg
クリスマスムードが漂い始めています。

ドラゴンにチェックイン手続きをお願いし
私は写真を撮りまくり。

ホテルのロビーもこのクラスのホテルにしては良い雰囲気。
nanvanhamanako-4.jpg

nanvanhamanako-5.jpg

nanvanhamanako-6.jpg

こちらは、ラウンジ。
nanvanhamanako-7.jpg
夕食・朝食・ウェルカムドリンクを含め漫画を読んでも良い場所のようです。

チェックインを済ませ
6Fの部屋に向かいます。
nanvanhamanako-8.jpg

フロアのエレベーター前。
nanvanhamanako-26.jpg

部屋タイプは、コンフォートダブルです。
nanvanhamanako-9.jpg
備品が取り揃えられています。

ベッドは高級シモンズダブルベッドで広く
寝相の悪いドラゴン相手に助かります。
nanvanhamanako-10.jpg

テレビはベッドの正面の壁に取り付けられていてデカイです。
nanvanhamanako-11.jpg

ユニット形式のバスルームも写真ではわかりにくいですが広めで使いやすかったです。
nanvanhamanako-12.jpg

窓からの眺め。
nanvanhamanako-13.jpg

コチラは、
nanvanhamanako-14.jpg
フロントで必要なら持って行って下さいとのことで
頂いた入浴剤と備品です。

その他、
nanvanhamanako-15.jpg
6000冊のコミックや書籍、DVDもあり
室内持ち込み可。

ちなみに私は二日間で25冊のコミックを読んで寝不足になりました。

コインランドリーや
nanvanhamanako-16.jpg

軽食の自販機もあり
nanvanhamanako-17.jpg

1Fエレベーター前には、パソコンが3台設置されています。
nanvanhamanako-18.jpg


さて夕食は1Fラウンジにてワンコイン定食。
nanvanhamanako-19.jpg
メニューは、生○ールやおつまみ他
とんかつ定食、豚肉の梅しそチーズかつ定食、豚ロースの和風あんかけ定食
パスタ、カレー、チャーハン他、
差額が必要なメニューとしてチーズインハンバーグ定食、まぐろハンバーグ定食、
鉄火丼、ねぎとろ丼等がありますが
食材の仕入れ状況によりその日にできるものだけ出しているようです。
時間は21:00までです。

上記のメニューは一部しかなく
昼食が遅かったのでそれほど空腹感がなかったのですが

ドラゴンは餃子定食。
nanvanhamanako-21.jpg

私は一口カツ定食を頼みました。
nanvanhamanako-22.jpg
カツが冷凍ものかなという感じで
ご飯の量が多かったです。

生○ールは別に¥500_です。
nanvanhamanako-20.jpg

この時点でウェルカムドリンクのコーヒーをいただきました。
nanvanhamanako-27.jpg

ホテルで食事を済ませている方も結構いて
カレーの香りに惹きつけられ、カレーが良かったなと思う始末。

朝食はバイキング形式で時間は、6:30~9:00までです。
二日間とも結構遅めに行ったのですが空席が見つからないほど満席でした。

金曜日においてはホテルが満室だったそうです。

おかずは、野菜類を別に4~5種類ほどで
味噌汁やコンソメスープ、パンも何種類かありました。
飲み物は、2種類のジュースや牛乳・コーヒー、紅茶と揃っていました。
nanvanhamanako-23.jpg
パンはクロワッサンが美味しかったです。

滞在二日目のワンコイン定食は、二人してカルボナーラにしました。
nanvanhamanako-24.jpg
ほど良い量で普通に美味しかったです。

三日目の朝食は、メニューが少し変わっていて
カレーがありました。
カレーはとても美味しかったです。

ホテルの入り口には、クリスマスイルミネーションが施されています。
nanvanhamanako-25.jpg

二日間とも居心地良く
とても感じの良いホテルでした。

宿泊記録:2012年11月



次は、「竜ヶ岩洞」へ、

・・・つづく・・・



WHAT'S NEW?