前回の記事の続き、

世界一長い木造歩道橋「蓬莱橋」を観光し
次に向かった先は、宿泊先の「ホテルルートイン焼津インター」。
routeinnyaizu-1.jpg

フロント前のロビー。
routeinnyaizu-2.jpg

routeinnyaizu-3.jpg

1階エレベーター横にリラクゼーションルームを備えた
男女別のラジウム人工温泉大浴場があります。

入浴時間は、午後は15:00~2:00
朝は、5:00~10:00となっています。

女性においては防犯上、フロントに申し出て鍵を借り、入り口の鍵を自身で開閉。
入浴後は、返却するというシステムを取っています。

大浴場はとても清掃が行き届いてキレイでしたし、洗い場は3ヶ所くらいあったかと思います。
浴室も余裕で5~6人は入浴できたのではないかと記憶しています。

さてこの度も、じゃらんにて前日予約。

プラン名:『花茶屋』☆オリジナル定食セット付プラン♪

大人1名¥4,950_× 2名=¥9,900_(税込・サービス料込)

部屋タイプは、コンフォート、セミダブルベッドルーム。
routeinnyaizu-5.jpg

セミダブルといってもベッド幅は140cmと広め。
routeinnyaizu-6.jpg

routeinnyaizu-7.jpg

デスクの下の扉を開けるとこのように空の冷蔵庫と備品が完備されています。
routeinnyaizu-8.jpg

ユニット形式のバスルーム。
routeinnyaizu-9.jpg

窓からの眺め。
routeinnyaizu-10.jpg
焼津インターとその名の通りインターが見えます。

夕食は、ホテル内にある
レストラン「花茶屋」にて。
hanachaya-1.jpg

営業時間は、17:00~22:00
21:30がラストオーダーとなりますとのこと。

店内は、利用客も少なく広々としていました。
hanachaya-2.jpg
ピンボケ写真だったので縮小してます。

チェックイン時に渡されていた夕食券をスタッフに渡します。
夕食券は¥1,100_分なので
メニューの中から、それ相当の物を選びます。
もちろん、追加料金を払えば何をオーダーしてもかまいません。
hanachaya-3.jpg

我が家は二人ともお刺身定食にしました。

先ずは、瓶ビール¥500_で乾杯。
hanachaya-4.jpg

一品料理¥350_もオーダー。
hanachaya-5.jpg
マグロのほほ肉の何か?だったと思います。

定食の刺身はマグロでした。
hanachaya-6.jpg

hanachaya-7.jpg
魚ツウではありませんが、新鮮で美味しかったです。

サラダも後からきました。
hanachaya-8.jpg

朝食はバイキング形式で無料サービス。
レストラン「花茶屋」が朝食場所となります。
routeinnyaizu-11.jpg

宿泊してみの感想。

ホテルは全体的に清掃も行き届いてキレイだし
設備や備品は充実していると思います。

しかし、
ベッドの頭もとにあったエアコンの電源。
冬場は22度
夏場は28度と節制を心掛るようといったことが記されていました。
忠実に22度を守ったところ
ベッドの布団は薄っぺらく寒くて寒くてたまりませんでした。
せめて毛布の1枚でもあったらなと・・・
自からフロントに申し出ても良かったといえば良かったのですが。)

それはさて置き、他の面においてもルートイン系列と
それより遥かに格下と思えるホテルとを比べてみると
サービス+利用客を思いやるという点においては、
格下のホテルでも優れたホテルはいくらでもあるということを
今回改めて認識しました。

宿泊記録:2013年1月



次は、「ディスカバリーパーク焼津」へ、

・・・つづく・・・

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?