kusatsusanpo-1.jpg

一昨日の夏日が一転し今日は秋らしいひんやりした天気です。
日中はもう少し気温が上がり半袖でも過ごせそうな感じ。

未だに衣替えも済ませておらず、ブログはお盆の旅記事を更新中。
時間の経過は早いというのに呑気なものです。


と前置きし前回のつづきです。
リンク 伊那・駒ヶ根経由 軽井沢&草津温泉の旅 まとめ編。

遠方から遥々訪れた草津温泉。惜しみなく旅情を満喫すべく

宿の夕飯を終え暫くして湯畑周辺夜の温泉街へ下駄を鳴らし出掛けました。


湯畑周辺 夜散歩


kusatsusanpo-2.jpg

夜の湯畑もライトアップされてとてもいい雰囲気。


kusatsusanpo-3.jpg

小雨がぱらついていましたが、それでも多くの人が夜の湯畑周辺に繰り出していました。


それほどお腹を空かせていたわけではないけど、昼間食べられなかったそばでも食べようと
店探しをしてみましたが西の河原通りにある目星をつけていたそば屋さんは午後8:00にもなると閉店。


湯滝通りも廻ってみましたが居酒屋系の店しか開いておらず


湯畑の周囲にある店はわりと遅くまで開いているのですがそば専門的な店は見当たりません。



その中で居酒屋系のお店ですがラーメンやそばも取り扱っている「」へ入店し
kusatsusanpo-7.jpg
(あくる朝撮った写真↑↓)
kusatsusanpo-8.jpg


ドラゴンさん生中と
kusatsusanpo-4.jpg


共にそばを注文しました。
kusatsusanpo-5.jpg


専門店の本格的なそばではありませんがそばを食べられたという気持ちだけやや満足。
お腹は満腹です。


ちなみに以前食べた暖のラーメンは美味しかったんですよね。
リンク 食事処 暖(だん)

湯畑周辺 朝散歩


kusatsusanpo-6.jpg

今回は珍しく温泉街ということで朝からも散歩に出掛けました。

朝は比較的ひっそりとして人影もまばら。

西の河原通りや湯滝通りも歩いてみました。
kusatsusanpo-9.jpg


kusatsusanpo-10.jpg
前日箸置きを購入した店です。


kusatsusanpo-11.jpg
草津まんじゅう長寿店の手前でUターンし宿に戻りました。


kusatsusanpo-12.jpg


kusatsusanpo-13.jpg
ちなみに草津温泉街には地元の人優先ですが無料で入れる温泉施設もありますよ。



写真撮影日:2016/08/16~08/17


・・・つづく・・・。
前回の記事の続きです。

旅の初日は



グースでランチの後、
リンク 駒ヶ根 CAFE GOOS(グース)再訪 念願だったGOOS(グース)のランチいただきました。


かんてんぱぱの健康パビリオンに立ち寄り
無料でできる血圧測定や脳内年齢チェックを行うなどして時間をやり過ごした後

この日の宿、伊那パークホテルへ向かいました。


夕飯は前回同様ホテルの真向かいにある田村さんでまたも餃子と焼き飯。


そして早々にホテルの部屋で床に就く。

2日目は旧軽井沢へ


旧軽井沢-1


2日目のこの日は朝から旧軽井沢へ直行。


天気は曇りのち雨。


銀座通りを散策していたら雨がぱらつき始めるがちょうどお昼時。


旧軽井沢食堂のテラス席でお目当ての牛タン定食を食べている最中雨が本格的に降り出す。


食事を終え店を出る頃には雨も一旦上がりはするが相変わらずの危うい空模様。


いつ振り出すかもしれない雨の中、これ以上散策する気にもなれず引き上げることに。


駐車場へ向かう道すがら
腹八分目のお腹に腸詰屋 軽井沢銀座店でソーセージ(プレーンとカラブレッサ)を詰め込み
旧軽井沢-2


この日の宿、旧軽井沢から車で約40分ほどの位置にあるアクアホテル佐久平へ向かいました。

3日目は意気揚々と草津温泉へ向かう


onioshidashi-1.jpg

3日目この日は、いよいよ最終目的地である草津温泉への移動日です。


鬼押・万座ハイウェーを経由し白根山ルートで草津入りしました。
shiranesan route-1

草津温泉 湯畑到着


yubatake.jpg

草津温泉では湯畑まで徒歩0分という好立地な宿を予約していたので
宿の駐車場に車を停めさせてもらい湯畑周辺を散策。

sainokawarakouen-1.jpg
西の河原公園には以前にはなかった足湯場が新造。


sainokawarakouen-2.jpg


湯畑周辺及び西の河原通りや湯滝通りを歩き回り

温泉プリンや温泉卵、温泉饅頭に揚げ饅頭といろいろ試食。


お昼は軽く「中華そば・餃子 紅淋(こうりん)」で
kourin-1.jpg


中華そばをいただく。
kourin-2.jpg

客人は私たち2人だけ。

厨房に1人。接客が1人。2人の世間話が筒抜けです。

決してまずいわけではない。

ただ温泉街には惹きつけられる店が沢山ありますからね。観光客はわざわざ中華食堂のような店は利用しないのでしょう。

この店遅くまで開けていたらもっと繁盛するだろうに早々に店じまいしていました。

草津温泉 小泉館


koizumikan-6.jpg

時間がきたので、この日の宿小泉館


部屋数が5室というこじんまりとした旅館です。湯畑まで徒歩0分という条件に惹かれ予約しました。


koizumikan-5.jpg
館内全体清掃が行き届いた清潔感溢れる旅館です。


朝、夕の食事付き。
koizumikan-2.jpg


koizumikan-3.jpg


温泉は湯畑の源泉を引き湯。良質な温泉です。
koizumikan-4.jpg


珍しく夕・朝食後共に何度も周辺散歩し草津温泉を満喫。


こうして振り返ると草津温泉以外はあまり精力的に行動していなかったんだなと改めて思いました。

帰りは草津温泉から家まで直帰。午後3:00頃には帰り着くことができたことを思えば
無駄に伊那・駒ヶ根経由したことが少しばかり悔やまれます。

・・・つづく・・・

草津観光

 02, 2013 11:47
前回の記事の続き、

一夜明け、「伊香保グランドホテル」をチェックアウトし草津方面へ

前回訪れてから一月も経たぬうちに再訪するわけですから
同じような写真を撮っても意味がなく、なるべく視点を変えるよう心掛けてはみたのですが
似通った写真が、それでも多いので悪しからず。

先ずは、「白根山」に向かいました。

今回初めて走行するメロディライン
kusatsu-1.jpg

草津良いとこ一度はおいで♪が
路面に上手く刻まれている道路。

kusatsu-2.jpg

kusatsu-3.jpg

kusatsu-4.jpg

kusatsu-5.jpg

白根山」に到着。
shiranesan-1.jpg

shiranesan-2.jpg

shiranesan-3.jpg

shiranesan-4.jpg

shiranesan-5.jpg

前回より雪は大分解けていました。

さすがに足の悪い義父は「湯釜」を見学できず
周辺をうろちょろしただけ。
それでも景観の良さに感激しておりました。

次は「湯畑」です。
kusatsu-6.jpg

kusatsu-7.jpg

kusatsu-8.jpg

義父「喉が渇いた」と言うので
湯畑の近くにあった「茶房ぐーてらいぜ」へ
kusatsu-9.jpg

kusatsu-10.jpg

珈琲豆の香りが漂う店内。
kusatsu-11.jpg

カウンター席から窓際の席へ移動。
kusatsu-12.jpgkusatsu-13.jpg

kusatsu-18.jpg

義父は、早速アイスコーヒーを注文。
kusatsu-14.jpgkusatsu-15.jpg
余程美味しかったのかお代わりしておりました。

私と義母はケーキセットで
義母はクラッシクショコラとホット。
kusatsu-16.jpg

kusatsu-17.jpg

私はマーブルチーズとミルクティのセットです。
kusatsu-19.jpg

kusatsu-20.jpg

自家製だというケーキは、濃厚で抜群の美味しさでした。

店を出て「西の河原」方面へ
kusatsu-22.jpg

ちょうどツツジが満開の時期でした。
kusatsu-21.jpg

kusatsu-23.jpg

kusatsu-24.jpg

kusatsu-25.jpg

kusatsu-26.jpg

kusatsu-27.jpg

kusatsu-28.jpg

kusatsu-29.jpg

土産物売り場の飼い猫「ジャネット」。
kusatsu-30.jpg
kusatsu-31.jpg
義両親がここで土産物を数点購入していたので撮らせてもらいました。

「西の河原」見学からの帰り道は
前回通らなかったもう一方の「西の河原通り」を抜けて行きました。

地元の人しか利用できない銭湯。
kusatsu-32.jpg

行列が出来ている蕎麦屋さん発見!
kusatsu-33.jpg
並んでまで食べる価値ありそうな雰囲気の蕎麦屋さん。
無性に食べたくて行列に加わりました。
石臼挽蕎麦 三國家」さんの記事は後日、別記事で更新します。

kusatsu-34.jpg

kusatsu-35.jpg

湯畑に戻って来ました。

ここが無料で入浴できる共同浴場「白旗の湯」。
kusatsu-36.jpg

kusatsu-37.jpg

駐車場へと戻って行きました。

kusatsu-38.jpg

kusatsu-39.jpg

kusatsu-40.jpg

次は、「石臼挽蕎麦 三國家」へ

・・・つづく・・・

写真撮影日:2013/06/01


大きな地図で見る


前回の記事の続き、

石段を下り
少しだけ周辺を散策しました。

石段を下りてすぐの所にある「伊香保関所」。
ikaho-1.jpg

開館時間 9時~17時まで(11月~3月は16時30分まで)
休館日 第2・第4火曜日 閲覧無料

ikaho-2.jpg

ikaho-3.jpg

ikaho-4.jpg

ikaho-14.jpg
「取調べ石」と「お辞儀石」
ここで並んだ石は、当時の関所で使用したもので、
左右のやや高い石は「取調べ石」と言われ、関所役人が
腰を掛けて取調べに当たったとされるもので、中央の
平らな石は「お辞儀石」と言われ、旅人が役人の前で
調べられるときに、平伏して手をついた石であると
言われています。


だそうです。

何だか国境超えみたいですね。

伊香保関所前にある「ハワイ王国公使別邸」。
ikaho-5.jpg

約2年程前に移築改修工事が行われたようです。


市指定史跡

ハワイ王国公使別邸

指定年月日 昭和六十年十月一日
所在地 渋川市伊香保町伊香保三二番地

この建物は、ハワイ州が独立国だった当時(明治三十一年(一八九八)まで)の
駐日公使ロバート・ウォーカー・アルウィンが所有したもので、伊香保の人達は
「アルウィンさんの別荘」として親しみをこめて呼んでいました。
日本からハワイに官約移民が渡って、昭和六十年(一九八五)に百年を迎えた
ことを記念し、ハワイ独立国当時の伊香保との交流を示す貴重な国際交流資料
として史跡指定されました。

渋川市教育委員会

-------説明版より引用-------


コチラも無料で見学することができます。
ikaho-6.jpg

ikaho-7.jpg

ikaho-8.jpg
縁側のある風通しの良い室内です。

コチラは、同じ敷地内にある資料館です。
ikaho-9.jpg

ikaho-10.jpg

ikaho-11.jpg

ハワイ王国公使別邸裏手にある庭園。
ikaho-12.jpg

ikaho-13.jpg

再び石段を上り宿へと向かいました。
ikahoishidangai-17.jpg

ikahoishidangai-18.jpg

ikahoishidangai-19.jpg

石段に刻まれている与謝野晶子の詩。
ikahoishidangai-20.jpg

石段の中ほどにある旅館「伊香保温泉 千明仁泉亭」。
ikahoishidangai-21.jpg

路地裏にも甘味処やお土産屋さんがあります。
ikahoishidangai-22.jpg

ikahoishidangai-23.jpg

岸権 辰の湯
営業時間 8:00~19:00
ikahoishidangai-24.jpg
マナーを守り、ご自由にお使いくださいとのことです。

次は、「伊香保温泉 ホテル金太夫」へ、・・・つづく・・・

写真撮影日:2013/05/08


大きな地図で見る


前回の記事の続き、

湯釜を見学した後、伊香保温泉へと向かいました。

この日の宿「伊香保温泉 ホテル金太夫」が石段街に沿ったちょうど良い場所にあったお蔭で
先にチェックインしホテルに車を停めて石段街やその周辺をゆったりとぶらり歩きすることができました。
ikahoishidangai-1.jpg

連休明けなので人は少なく閑散とした雰囲気です。。

先ずは、石段を上から順に回ってみることにします。
ikahoishidangai-2.jpg

石段の一番上に伊香保神社が見えますので
お参りしましょう。
ikahoishidangai-3.jpg

ikahoishidangai-4.jpg

ikahoishidangai-5.jpg

今度は、石段を下って行きます。
ikahoishidangai-6.jpg

お腹が空いていたので石段の途中にある「ティーレストSARA」で遅めの昼食。
ikahoishidangai-7.jpg

外観の雰囲気とは違い家庭的で素朴な味わいの店でした。
ikahoishidangai-8.jpg

ikahoishidangai-9.jpg
この石段温泉街は、戦国時代の末期、織田信長が
天下統一をめざして武田勝頼と合戦した長篠の戦いの
翌年である、天正四年(1576年)に形成されました。
それまで、源泉地(湯元)付近にわずかな浴舎が
ありましたが、当時、近世伊香保温泉協同大成立
の推進者達が、新たに、湯元より温泉を導き、
石段を造って中央に湯桶を伏せ、左右に整然と
区画されたそれぞれの屋敷に引湯して、滝を配した
浴場を作り石段坂を中心に、当時としては異色の
温泉街が形成され、今日に至りました。
わが国第一号の温泉都市計画であり、先駆的役割を
果たして参りました。

町制施行100周年記念-平成元年、伊香保町

-------説明版より引用-------

ikahoishidangai-10.jpg

ikahoishidangai-11.jpg

ikahoishidangai-12.jpg

ikahoishidangai-13.jpg

石段街には立ち寄り湯もあります。
ikahoishidangai-14.jpg

ikahoishidangai-16.jpg

ikahoishidangai-15.jpg


この日は観光客がまばらで
両サイドに並んだお店は閑古鳥が鳴いていました。

伊香保温泉といえば草津温泉と並んで歴史も古く全国的にも有名な温泉地。
草津温泉と比べると華やかさの点では劣りますが
伊香保温泉には、それなりの良さがあります。
しかし、石段坂は足腰の弱いお年寄りにはキツイですね。
再訪時、義両親を連れて行くことはできませんでした。

「伊香保温泉 石段街」後編へ、・・・つづく・・・

写真撮影日:2013/05/08


大きな地図で見る


WHAT'S NEW?