この日はじゃらん滋賀県エリアで獲得したふるさと割りクーポン1万円分使用して南郷温泉 二葉屋に宿泊しました。
futabaya-01.jpg


プラン名は、クチコミ評価 夕食4.4(5点満点)!お得に♪ブランド和牛を! 近江牛しゃぶしゃぶプランです。


近江牛すき焼きプランもありどちらにしようか迷うところ。


外観のイメージとは異なり館内は小規模ながらも洗練された旅館です。


受付を済ますと案内係りの方が、部屋まで案内してくれます。









室内



部屋は、琵琶湖から流れ出る瀬田川と瀬田川洗堰(せたがわあらいぜき)を一望できる8畳の和室。
futabaya-02.jpg


futabaya-03.jpg


玄関先の控えの間には活け花が飾られ


室内の床の間には、掛け軸はもちろんのこと壷や日本人形等の調度品も飾られており手抜かりなく品の良い和室です。


部屋まで案内してくれた係りの方がお茶を入れた後、館内の説明をしてくれます。


控えの間横にある洗面台。
futabaya-06.jpg


浴室と洗浄機付トイレも別々にあります。


浴衣、バスタオル、アメニティ他、お茶セット、冷水等も完備されていてほぼ完璧。


窓からの眺めは最高です。左前方に見えるのが瀬田川洗堰(せたがわあらいぜき)
futabaya-04.jpg


右前方。
futabaya-05.jpg


窓はできるだけ開放しないようにとのこと。何故なら大量発生したびわこ虫(ユスリカ)が網戸の網目からでも入ってくるからだそうです。


また室内には空の冷蔵庫が設置されていますが、歩いて行けるほどの距離にコンビニは無くアルコール等の飲み物はフロントに電話を入れ持って来てもらうしかありません。缶ジュース程度なら1階大浴場前に自販機があります。

温泉大浴場



futabaya-09.jpg


温泉は瀬田川に面した2階大浴場が男性。
futabaya-010.jpg

futabaya-011.jpg


1階大浴場が女性です。
futabaya-07.jpg


futabaya-08.jpg

1階大浴場のほうが広く洗い場には仕切りがありました。


また1階大浴場の脱衣所にはウォーターサーバーも設置されていました。但しクーラーがないのか効いていなかったのか扇風機の風だけでは湯上りのそれはそれは暑いこと。


翌朝は男女入れ替わります。入浴時間は、夜は23:30まで翌朝は7:00からです。


泉質は、ラジウム温泉(天然の放射能泉)。


放射能というとなんだか抵抗がありますが日本各地に数多く存在し療養泉として古くから親しまれるラジウム泉。低量であれば逆に人体に良い影響を与えると云われ、免疫細胞が活性化するホルミシス効果をもたらし関節痛、腰痛、リウマチ・神経病、高血圧、動脈硬化などに効果があるとのこと。


加温、循環あり。泉質は無色透明、湯の温度は熱めでした。

近江牛 しゃぶしゃぶプランの夕食



夕食時間は18:00か18:30。どちらかの時間帯を選択できます。


予約時のメールには館内の状況により夕食は食事処または部屋だしと記載されてはいましたが、まさかの部屋出しにあたりました。


案内係りの方とまた別の係りの方が食事の用意に来られていました。
futabaya-012.jpg


メインは近江牛のしゃぶしゃぶ(160g)です。
futabaya-015.jpg


野菜類もたっぷり。
futabaya-016.jpg


その他、激美味の冷製スープに
futabaya-013.jpg


お造り。
futabaya-014.jpg


後出しは香の物と生姜ごはんに
futabaya-017.jpg


futabaya-018.jpg


最後に冷たいおしぼりと一口デザートです。
futabaya-019.jpg


品数は少ないですが、我が家にとって量的にちょうど良かったです。


ただ調味料がポン酢しかなくゴマダレもあれば良かったのだけど・・・。

朝食



朝食は8:00か8:301階の広間でいただきます。
futabaya-021.jpg


窓際の席が用意されていました。
futabaya-022.jpg


ずらりと並べられた豪華な朝食。
futabaya-023.jpg


中でも出汁巻タマゴが一番美味しかった。
futabaya-024.jpg


品数が多くごはん一膳じゃ足りないと二人してお代わりしました。


他の方もお代わりしていたので朝食係りの仲居さん気の毒なほど大忙し。


食後は、コーヒーが提供されます。
futabaya-025.jpg
これまた香り良く若干コーヒーが苦手な私でも飲みやすいコーヒーでした。

あとがき



通常料金は12,130円(大人)× 2名=24,260円(税込・サービス料込)

そこからふるさと割りクーポン:10,000円と
更に溜まっていたポイントを利用して
支払料金:12,860円(税込・サービス料込)+別途入湯税大人150円


支払い総額はドリンク込みで¥15,234_でした。さすがふるさと割りクーポン。これほどのもてなしを受けこの金額。


この旅館でも仲居さん達は和装作務衣を着用されていました。和装作務衣いいですね。何だかホッと癒されます。


こちらの旅館では、一人の仲居さんが全て担当するのではなく

①部屋案内

②食事の部屋だし(配膳、後片付け、布団敷)

③朝食

とに分担されていました。またプランによって違うケースもあるかもしれません。

いまどき布団敷きはそれ専門の方が行う旅館が多い中、昔ながらの流儀で客人をもてなしてくれます。
futabaya-020.jpg


もし心づけをされるなら②の部屋だしをしてくれる方にすると良いでしょう。


大津はひこにゃんキャラで人気の彦根と比べ観光客は少ないですが、最近では交通の便が良くなったことで京都観光から流れてくる人が多いのだとか。


たしかに大津は京都からも近く京都の温泉旅館を利用するよりは安く泊まれます。


宿泊記録:2015年7月。







WHAT'S NEW?