いよいよ

 08, 2016 09:10


来年の夏、公開。

日本タイトル「トランスフォーマー/最後の騎士王」



Michael Bay(マイケルベイ)監督のツイッターからしか新たな情報が窺い知ることができませんが
彼は撮影中、情報漏洩を極力避けるらしいので仕方ありません。







[映画.com ニュース] 俳優スタンリー・トゥッチが、「トランスフォーマー」シリーズ最新第5弾「トランスフォーマー ザ・ラスト・ナイト(原題)」に続投することがわかった。

米バラエティによれば、トゥッチは前作「トランスフォーマー ロストエイジ」で演じた反トランスフォーマー組織であるロボット工学企業、KSIの経営者ジョシュア・ジョイス役を再び演じる。



着々と撮影は進んでいるのかしら。

とっても待ち遠しいです。



トランスフォーマー5

 14, 2016 13:46




トランスフォーマー:ザ・ラストナイト(米タイトル)

ギャー待ってました!

撮影に入っているらしい。

発表された全米公開日

「トランスフォーマー5」 2017年6月23日
バンブルビー・スピンオフ 2018年6月8日
「トランスフォーマー6」 2019年6月28日

日本公開はいつだろう?

前作ロストエイジに次いでマーク・ウォールバーグが続投。
シリーズ3部作に出ていたレノックス大尉(ジョシュ・デュアメル)もカムバックする

トランスフォーマーダークサイドムーンから2年後、2014年公開のトランスフォーマーロストエイジ。

動画配給元:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

物語自体はダークサイドムーン"シカゴの惨劇"から5年後という設定で前作を引き継いでいますが、キャストが入れ替わり新たなトランスフォーマーシリーズの幕開けとなっています。

トランスフォーマーロストエイジ 主な出演者



主な出演者
主人公ケイド・イェーガー/マーク・ウォールバーグ
ケイドの娘テッサ・イェーガー/ニコラ・ペルツ
テッサの恋人シェーン・ダイソン/ジャック・レイナー
ケイドの友人ルーカス・フラナリー/T・J・ミラー
KSI社長ジョシュア・ジョイス/スタンリー・トゥッチ
CIA高官ハロルド・アティンジャー/ケルシー・グラマー
墓場の風指揮官ジェームズ・サヴォイ/タイタス・ウェリヴァー
KSI所属地質学者ダーシー・トリル/ソフィア・マイルズ
KSI北京支局製造工場責任者スー・ユエミン/李冰冰
KSI技術開発主任ギル・ウェンブリー/ジェームズ・バックマン

オートボット
オートボット総司令官オプティマス・プライム
バンブビー
軍医ラチェット
ハウンド
クロスヘアーズ
ドリフト
レッドフット
ブレインズ

ダイナボットのリーダー グリムロック
ダイナボット スコーン
ダイナボット スラッグ
双頭ダイナボット ストレイフ

ディセプティコン
新生ディセプティコンのリーダー ガルバトロン
人造トランスファーマー スティンガー

トランスフォーマーロストエイジ あらすじ


地質学者ダーシー・トリルは北極で発見された金属と化した恐竜の死骸を目にし驚愕する。



シカゴの惨劇から5年後、議会はオートボットとの共同作戦の中止を決定。同盟は終結しエイリアンは指名手配されていた。



アメリカテキサス州 エンジニアのケイド・イェーガーは友人のルーカス・フラナリーを伴い買い付けに来ていた。そこで廃車のトラックに目を奪われる。トラックのドアを開けると中から迫撃砲の弾が・・。疑問に思いながらもそのトラックを入手。
lostage-1.jpg


ケイドの1人娘テッサは高校の卒業まであと2週間。進学するにも奨学金の申請は通らず。極めて楽天的思考の父ケイドはお金にならない発明ばかりでポストには請求書の山。家のローンも滞り不動産屋が下見に来る始末だった。またもやテッサから見ればガラクタとしか思えな物を買ってきたケイドに呆れていた。



妻を早くに亡くしテッサのことを過保護なほど心配し心から愛していたケイド。トラックを購入した目的はエンジンを分解して売り娘にプロ無用のドレスを買ってやりたいためだったのだ。



シカゴの惨劇から5年経過した中央情報局(CIA)では高官ハロルド・アティンジャーが政府関係者をも欺き裏ではバウンティングハンター(賞金稼ぎ)の1人ロックダウンと手を組み特殊部隊"墓場の風"にディセプティコンだけにとどまらずオートボット狩りをも手配していた。そんな最中エイリアンの残党を追っていた墓場の風にラチェットが見つかり終にはロックダウンからオプティマスプライムの居場所を教えるよう尋問されるが拒絶したためとどめを刺されてしまう。



ケイドが手掛けていた発明品はトラブルが発生しうまくいかない。焦っていたケイドは先日購入してきたトラックに手をつけ始めた。一晩掛けてトラックを修理している間にただのトラックではなくトランスフォーマーだということに気づく。訪ねてきたルーカスにバッテリー繋いでみせた。


全員に告ぐ
全てのオートボットへ


慌てる二人。政府に通報したら賞金がもらえるというルーカスとテッサを説得し砲弾の破片を取り除く作業に掛かった。



取り除いたミサイルの衝撃でトラックがトランスフォームしオプティマスが蘇った。状況がわからずケイドたちを警戒していたが次第に落ち着きを取り戻し一連の経緯を語り始めた。。



メキシコ・シティで待ち伏せされ瀕死の重傷を負ったオプティマスは車に変装して逃げたのだった。オートボットらに危険が迫っている。急がねばならないとケイドに告げるが傷だらけのオプティマスを見て反対するルーカスをよそにケイドは俺が直すと協力を申し出た。



中央情報局(CIA)に通報が入りオプティマスの居場所が特定された。ジェームズ・サヴォイ率いる墓場の風は許可なく強引にケイドの家を捜索。しかし何も出てこない。だがケイドの発した"彼"の一言で3人は拘束される。トッラクのことを何も話そうとしないケイドに対しハロルドは娘を使えと指示。テッサに銃を突きつけトラックはどこだ?と詰め寄るが口を割ろうとしないケイド。テッサが撃たれる瞬間、オプティマスが納屋から飛び出してきた。


ケイド 奴らに殺されるぞ逃げるんだ


走り出しケイドたちの前に1台のレースカーが飛び出てくる。彼は2年前から交際していたテッサの恋人でテキサス出身のプロのレースドライバー"シェーン・ダイソン"だった。シェーンの運転で逃げ切った彼らだったがロックダウンの投げた爆弾でシェーンの車が爆破。逃げ遅れたルーカスが爆死してしまう。



安全な場所まで彼らをつれてきたオプティマスはここを動くな我々は全員ターゲットだと言い残し走り去っていった。



ケイドは娘を本気で殺そうとした真の黒幕を探そうと掴み取っていたミニバードの映像の中身を確認する。そしてそのミニバードを使いCIAを挑発。ミニバードをハッキングされたハロルドはケイドを必ず見つけ出すと誓う。



準備が整ったオプティマスはケイドらと合流。オートボットに発信した。オプティマスはすれ違うトラックをスキャンしウェスタンスター・トラック5700に見事な復活を果たす。軍団の再結成と大喜びするオートボット達。しかし通信を受信できたのは僅か4体だけだった。



ロックダウンと人間が手を組んでる理由を突きとめねばならないと考えるオプティマス。ケイドはミニバードの映像をオプティマスらに見せた。そこにはレッドフットがバラバラにされる姿が映し出されていた。残骸を運んだのは政府と契約してるシカゴの本社KSI社でミニバードもKSI社の物だった。ケイドたちも元の暮らしに戻るためには真相を突き止めるしかない。オプティマスらと力を合わせKSI社を探ることにした。



地質学者ダーシーはKSI社長のジョシュア・ジョイスに対しあなたが掘り出そうとしている金属は想像以上に危険だと警告。KSI社では政府との特別契約で鉱石"トランスフォーミウム"を利用しトランスフォーマーの改良版を作っていた。"トランスフォーミウム"はどんな物にも形を変え全ての分野を独占できる。KSI社にとっては必要不可欠な物だった。既にKSI者ではオプティマスをモデルにした軍事用試作機のガルヴァトロンを製作していた。しかし最終段階で必ずバグが発生し顔がメガトロンになってしまうことがジョイスは気に入らなかった。



一方KSI社の裏口から潜入することに成功したケイドとシェーン。更にケイドは秘密軍事施設へ潜入。



時を同じくしてハロルド・アティンジャーもKSI社のジョシュアを訪ねてきていた。ジョシュアは人造トランスフォーマー製作のため政府関係者のハロルドと契約。もっと多くののトランスフォーミウムを必要としていた。ハロルド側ではプライムを捕まえシードが手に入ればCIAを引退しKSI社の株を譲り受けジョシュアと共にこの国の防衛に革命を起こす手はずが整っていた。



一方侵入したケイドの映像からラチェットが溶かされているのを目にしたオプティマスらはこみ上げる怒りと共にKSIへ乗り込んでいった。



そのころ不正入館の疑いから監視カメラに写ったケイドはKSI社に居たハロルドに拘束される。交換条件と引き換えにオプティマスの居場所を聞き出そうとするがオートボットが現れケイドは救い出される。オプティマスたちは研究所を破壊。現れたジョシュアに止められ「我々はオートボットを造ることができる もうお前らは必要ない」と告げられる。冷たい言葉だと言い残しオプティマスたちはその場を引き上げた。



オプティマスを追っていたハロルドは国防総省の下請けが被害を受けたことを理由にジョシュアに試作機の起動を命じた。ガルヴァトロンを起動させオプティマスを追い込むが操作に反して暴走するガルヴァトロン。民間人をも巻き込んでオプティマスを追撃。ガルヴァトロンと一騎打ちになるオプティマス。逃げ遅れたテッサ。



そこに巨大な監獄船と共に現れたロックダウンがオプティマスを後方から砲撃。身動きが取れなくなったオプティマスと車に退避していたテッサが共にロックダウンの網に引っかかり監獄船の中に捕らえられた。必死でテッサを救おうとするケイドだったが網から手が離れてしまう。



ケイド オートボットに知らせろ




プライムを捕らえることに成功したハロルドの指示でジェームズがロックダウンからシードを受け取る。



ケイドはオートボットらと共にロックダウンの監獄船に忍び込んだ。あと10分で始動する船。それぞれが船の中を探し始めた。クロスヘアーズが船を停滞させるアンカーボタンを見つける。アンカーが撃たれたことに気づいたロックダウンは狼型のエイリアンを放つ。船の武器庫に潜入したケイドとシェーンはそこでエイリアンの武器を手に入れる。使い方はわからないが偶然にもシェーンが落とした武器が発砲。迫り来るエイリアンを撃退することができた。



一方船の中でテッサも生き残りを掛けエイリアンと戦っていた。



ようやく船の中でテッサを探し当てたケイドとシェーン。ドリフトとハウンドも騎士の聖域"テメノス"に捕らえられていたオプティマスを見つけ監獄泉から"テメノス"を引き離し救い出すことに成功。



そのころジョシュアはKSI社の全てを中国の研究所に移そうとしていた。



オプティマスは人間が造った試作機の陰にメガトロンの存在を感じていた。



ことの経緯をブレインズが説明。ディセプティコンの頭部のデータを取り出し解剖をブレインズが指揮していた。まだ生きてたメガトロンはブレインズを通して人間に製造法を教え新しいボディで復活し虫を飛ばして自分の染色体で植え付けた。KSIは”ガルヴァトロン”と名づけたがそれは生まれ変わったメガトロンだった。メガトロンはKSIをだましシードを手に入れようと企んでいたのだ。



シードは多くの星の生態系を変えることができる代物で有機生命体を金属生命体に変えるもの。地球の生物を滅ぼし創造主たちはオプティマスたちを造った。そしてそれを使ってガルヴァトロンは同じことをしようとしていた。



モンゴルの砂漠でシードを爆破させトランスフォーミウムを100年分手に入れる気でいたジョシュアに対しガルヴァトロンに操られていること。ガルヴァトロンがシードを狙ってる。シードを守れと警告。



ケイドもオプティマスらと共に"テメノス"で中国へ向かった。ロックダウンも騎士の聖域"テメノス"を奪われたことに気づき地球に引き返していた。



KSI中国研究所へ到着したジョシュアはハロルドからシードを受け取るが様子が違うジョシュアに対しハロルドは君は私の引退用のパラシュートだ私と一緒に飛び降りてもらうと脅す。

 

そのころガルヴァトロンが目覚め動き出した。一報を聞いたジョシュアはシードを抱え北京製造工場の責任者スー・ユエミン、ダーシー共にそこから脱出。報酬を渡さないジョシュアに対し怒りを覚えたハロルドとジェームズはジョシュアの命を奪うため追跡。



ガルヴァトロンも新生ディセプティコンを引き連れシードを追い始めた。
lostage-2.jpg


ダーシーの警告通り予想以上に危険だったことに気づいたジョシュアは鞄の中身の爆弾(シード)について二人に語った。香港に辿り着いたジョシュアたちは追っ手をかく乱するため二手に分かれた。スー・ユエミンの警護でシードを隠すため屋上へ向かうジョシュア。そのとき上空からケイドたちの乗った船がやって来た。ジョシュアを船に乗せようと手を伸ばすが追っての新生ディセプティコンに砲撃されハウンド、バンブルビー、ケイドたちが滑り落ちる。そしてオプティマスたちを乗せたまま船は吹き飛ばされる。



シードを守るためケイドたちは追っ手から逃げるが目の前にジェームズがはだかる。激闘の末なだれ込んだ民家の窓からケイドにふいをつかれ転落。その光景を見ていたジョシュアはロックダウンにオプティマスの居場所を告げる。



シードを狙うディセプティコンの攻撃で香港は大混乱に陥っていた。バンブルビー、ハウンドも迎え撃つが圧倒的な数のディセプティコンに劣勢だった。次第に武器も底を尽きてくる。
lostage-3.jpg


飛ばされた船(テメノス)でオプティマスは援軍を集めるため伝説の剣をかざした。剣が選んだ伝説の戦士は4体のダイナボットだった。力尽きようとしていたハウンドたちの元にオプティマスがやって来たことで見事に戦況は翻った。



シードを街の外まで運ぶオートボットとケイドたち。しかし監獄船が目前まで迫ってきていた。



監獄船が金属を吸い上げていく吸い込んだ金属は落下。必死で逃げるケイドたち。何とかシードを守りきることができたがオプティマス、ダイナボットも堪えきれず吸い込まれていく。瀬戸際で船の中心部をオプティマスが砲撃。



オートボットに橋を渡り爆弾を街の外に運ぶよう指示。オプティマスは1体でロックダウンに向かっていった。



ケイドもシェーンにテッサを託しオプティマスの元へ向かった



ロックダウンと激しい一騎打ちになるオプティマス。止めるバンブルビーにテッサは「パパを置いて行けない!」とケイドの元に向かった。オプティマスの元へ駆けつけたケイドだったがハロルドに発砲され銃を突きつけられる。ケイドに気づいたオプティマスはハロルドに向けて砲撃。しかしその隙をつかれロックダウンに剣で刺される。



ケイドがロックダウンに攻撃。そこに駆けつけたテッサ。バンブルビーも応戦。シェーンとテッサもトラックとワイヤーでロックダウンの足元をすくい次はオプティマスに刺さった剣を・・ケイドがやられるよりも早くオプティマスがロックダウンを背後から攻撃。



オプティマスはグレネード弾を爆発させ残りのディセプティコンを爆破。



その様子を見ていたガルヴァトロンは去っていった。

トランスフォーマーロストエイジ 名場面


ロックダウンとラチェット




ラチェット:よせ

ロックダウン:銃撃をやめろ
こいつは俺がもらう

ラチェット:ロックダウンか

ロックダウン:オートボットとディセプティコンは子供のようにいつも争ってばかりで宇宙を混乱させている
俺が始末をつける
死にたくなければ教えるんだ
オプティマスプライムはどこにいる?

ラチェット:言うものか

ロックダウン:それなら永遠に黙ってろ


蘇ったオプティマスとケイド




オプティマス:騒ぐな 人間よ

ケイド:動くな 危害は加えてこない
武器システムの故障だ
ミサイルが刺さってた
抜いたよ
ひどい損傷だ
力になる
俺はエンジニアのケイド・イエーガー

オプティマス:ケイド 借りができたな
私はオプティマスプライム
部下のオートボットに危険が迫っている
急いで行かねばならない

ケイド:これじゃ無理だ
テッサ助けよう
何があった?

オプティマス:待ち伏せされて罠にかかった
人間のしわざだ
私は逃げて車に変身した

ケイド:人間の味方なのに
なぜあなたに危害を?

オプティマス:我々を狙う人間は多い
仲間のオートボットは私を修理できる

ケイド:だが 会えればだろ?
俺が直す


オプティマス復活 集結したオートボット




オプティマス:オートボットに告ぐ
オートボットよ集結せよ

ハウンド:やった
やったぞ!
彼が復活した
生きてる!
オプティマスが来た!

ドリフト:ついに希望の光が見えた

クロスヘアーズ:自由なる銀河のリーダーが復活した
必ず戻ってくれると信じてた

ドリフト:警告を受信し 待っていた

ハウンド:やったぞ うれしいね
軍団の再結成だ

オプティマス:ルールに従えと人間は言ったが どうやらそのルールは変わってしまった

ハウンド:人間って奴は卑劣な裏切り者だ

ドリフト:考えれば わかることだ
"忠誠は 風に震える 弱き花"と言うぞ

ハウンド:何だよ それは

ドリフト:俳句だ

ハウンド:やめろ 1発 食らいてえか?

ドリフト:お前こそ 死ぬぞ

ハウンド:やってみろよ

バンブルビー:やれ手間が省ける

クロスヘアーズ:地球でのバカンスに嫌気がさした奴は手をあげろ
お前らは誰だ

ケイド:何する気だよ?

オプティマス:よせ 彼らは命がけで私を守ってくれた
借りがある
彼の仲間からの連絡は?

ドリフト:ない 残るは我々だけだ

クロスヘアーズ:1体ずつ倒された

ハウンド:残ったのは たった4体
あんたで5体だ

シェーン:オートボットに守られ一生暮らすのか?

ケイド:嫌ならいつでも出て行け

シェーン:そうか 言っとくけど僕はあんたとじゃなく彼と一緒に隠れてる

ドリフト:先生が不在でバンブルビーが指揮をとった
しかし彼は戦士としての修行が全くなっていない
まだ子供だ

バンブルビー:俺とやる気か

ドリフト:仲間の恥だ

デスマッチだ

ドリフト:生意気だぞ

テッサ:何なの

ドリフト:そのつぶらな目にはだまされない
ダメな奴め

クロスヘアーズ:みんなが殺し合えばやっと俺がボスになれる
俺だけになりゃな

ケイド:戻ってよかったな

オプティマス:オートボットよロックダウンが迫ってくる
人間が奴らと組んでる
その理由を突きとめねば

ケイド:理由は分からないが黒幕は分かる
無人機が録画した映像だ
何が起きたか見ろ

レッドフットだ

ハウンド:彼をバラバラに
ひどすぎる

ケイド:残骸を運んだのはKSI社だ
政府と契約してる企業で これもその社の無人機

シェーン:君たちを狩るのはKSI社に渡すためか?

ケイド:残骸を運んだ先はシカゴの本社

ハウンド:簡単には乗り込めねえ

ケイド:俺達が力になる

テッサ:手を組むの

ケイド:真相を暴かないと元の暮らしに戻れない

オプティマス:私は二度と人間を殺さないと誓った
間違いだ
だが黒幕を見つけたら
生かしてはおかない

シェーン:俺たちは追われてる
ルールを決めよう
FBIや警察は敵と思え
分かれて行動する
食料など必要な物だけ盗め


オプティマスとロックダウン




ロックダウン:気の毒にな プライム
人間と手を組み大儀のために忠誠を尽くして戦いながらいつも裏切られるとは

オプティマス:誰が お前を送り込んだ?

ロックダウン:お前は自分が生まれたと思ってるな?
違う
お前は造られたんだ
創造主たちの元に戻れ
我々の主人の元に



監獄船に収容されたオプティマス。



ロックダウン:この船を覚えてるか?
お前たちの宇宙探査のため造られた
俺は これを押収し監獄として使っている

騎士の聖域”テメノス”によく戻ったな

オプティマス:お前は聖域を汚した

ロックダウン:お前の仲間の反乱者を捕まえてある
こいつらは最低の種族だ
俺は何世紀もかけて騎士を捕まえたが
お前が最後だ
創造主たちはチェスのコマを始末しろと

オプティマス:私は誰の奴隷にもなる気はない

ロックダウン:ある種族が他の種族に干渉すると宇宙のバランスが崩れる
創造主たちはそれを好まない
命令に従わせるためお前を造ったのだ


監獄船に忍び込んだケイドとオートボット達




ケイド:ビー 来い

ハウンド:まずい考えだが
俺は まずい考えが好きでね
行くぞ

クロスヘアーズ:よし 暴れるか

シェーン:無茶だ

ケイド:逃げてもいいぞ
俺は戦う

シェーン:あんたを手伝う気はない
僕は恋人を助ける

ロックダウン:暗黒物質(ダークマター)のエンジンをフルパワーに

クロスヘアーズ:ここは敵地だぞ
ロックダウンの船だ 罠に注意しろ
粉砕機や脳波混乱機や染色体反転器や分解液や落とし穴に注意しろ

ドリフト:迅速に動いて不意をつけ
暴力は最後の手段だ
よし 行け!
殺してやる
ざまみろ

乱暴だ

ドリフト:こいつはもう死んだ

クロスヘアーズ:ここにはいねえ
船を降りるぞ

ケイド:テッサを救うまでダメだ

クロスヘアーズ:だが俺に何の得がある?

ケイド:何の得だと

クロスヘアーズ:やめろ 話し合えば分かる

ハウンド:お前を殺さないでおく得だろ
ボスと娘を取り戻すんだいいな?

クロスヘアーズ:分かったよ 典型的なマッチョ主義だ
何とかして敵を妨害しねえとな

ドリフト:急ぐんだ 船が浮上の準備に入った

クロスヘアーズ:そうか

ドリフト:10分で始動だ

シェーン:エンジンが始動した音か?
この船は10分後に飛び立つのか?
10分後か?

ドリフト:9分か 7分かも

ハウンド:監房を調べろ

ドリフト:俺たちは中央コアへ
行くぞ

クロスヘアーズ:船を止めるぞ

シェーン:船がデカすぎる
本当に見つかるか?
テッサ!

ケイド:何やってる
バカだな
今の大声で敵が気づいた
ここに来るぞ

ドリフト:急げ クロスヘアーズ
じき宇宙に飛び立つぞ

クロスヘアーズ:ごちそうを見つけた
ハローママ

ロックダウン:誰がアンカーを撃った?
何者だ?
囚人が脱走したか?

ドリフト:急げ後6分だぞ
必ず見つかる
待て
見つかるぞ隠れろ

テメノスでオプティマスを発見




ハウンド:急げ
開きそうだ
よし早く行くんだ

ドリフト:最厳重監房だ
目を配れ
こんなに檻が
気味が悪いな
大きな檻にはなにが?

ハウンド:これは

ドリフト:ハウンドよせ

ハウンド:危険はない大丈夫だ

ハウンド:こいつはヘドが出るほど醜いな
やられた!
溶ける!
焼けつくようだ!
酸をかけられた!
違ったよ ただのクソだ
ばい菌が伝染しねえだろうな?
こいつは本当に腹が立つ奴だ
これを食らえ
死んだな

オプティマス:ハウンド

ハウンド:彼が生きてるぞ!
オプティマス

オプティマス:ここだ

ハウンド:今助ける

オプティマス:母船から離脱して脱出できる
早くしてくれ

ハウンド:コックピットは?

オプティマス:右だ

ハウンド:任せろ

オプティマス:急げ時間がない

ハウンド:よし
前からこれを操縦したかった

・・・中略・・・

ロックダウン:星間飛行の準備をしろ

ハウンド:脱出できそうだ
飛び立つぞ
了解

オプティマス:ロックダウンが気づく前に逃げるんだ

ハウンド:操縦はヘボだがやってみるぞ


監獄船から脱出したケイドたちとオートボット




クロスヘアーズ :バンブルビー これは見方の船だ
敵の船が来る
早く乗るんだ
スピードを上げるぞ

ケイド:3機来る

クロスヘアーズ:最大出力だ
ビー 撃ち落すんだ!

ケイド:いいぞ ビー

クロスヘアーズ:食らえ クソ野郎

シェーン:何とかしないと
行け

クロスヘアーズ:我慢も限界だ
お前が操縦しろ
俺が撃つ

ケイド:俺が撃つから船を速く飛ばせ

クロスヘアーズ:その銃は押し込んで撃ち引いて弾を装てんだ

ケイド:何?

クロスヘアーズ:押して撃って引いて装てん

ケイド:何だって?分からない

クロスヘアーズ:頑張れ

ケイド:どこに行く?

クロスヘアーズ:叩き潰してくる

ケイド:復習だ

ケイド&シェーン:押して撃って引いて装てん
押して撃って引いて装てん


ケイドとオプティマス中国へ向かう船の中で




ケイド:"人間を守るのはこれきり"って本気か?

オプティマス:どれだけの仲間を犠牲にしろと?
人間の間違いのために

ケイド:人間は間違いを犯す
その間違いから
時に素晴らしいものが生まれる
俺は金目当てであんたを修理した
正直に言うよ金が目当てだった
それは間違いだったがあんたは復活した
俺がやったことを考えてみてくれ
ガラクタの中にも宝はある
人間のことを信じてくれないか


ジョシュアとハウンド




ジョシュア:私が造ったロボットは優秀だ
あのデブじゃ相手にならない
だから奴らには勝てない
おしまいだ

ハウンド:失礼だぞ

ジョシュア:真実に傷ついたなら謝るよ

ハウンド:オプティマス ハゲ男を潰していいか?


ダイナボット参戦




オプティマス:彼らがあぶない

クロスヘアーズ:人間のために負け戦をするのは ごめんだ
放っておきゃいい
どうするんだ プライム?

オプティマス:援軍を集める時が来た
剣よ 騎士を認識せよ

ドリフト:冗談はやめてくれ

オプティマス:伝説の戦士たちよ
我々を造った者が我々を滅ぼそうとしている
力を合わせて戦わねば永遠に奴隷のままだ
我々と共に戦うか?
それとも私を相手に戦うか?

クロスヘアーズ:プライムに任せとけ

ドリフト:そうだな

クロスヘアーズ:あの連中とここにいるのはごめんだ

オプティマス:力を合わせねば生き残れない
私が導いてやる

ドリフト:何だ あれ
あんな物に変身した

オプティマス:来い
我々はお前に自由を与えてやる
私の仲間を守るために戦うか?
それとも死ぬか
オートボット
我々の真の力を証明しここに存在する理由を示すのだ

クロスヘアーズ:彼のためなら死ねる
洗脳かもしれねえがな

ドリフト:いや あれこそがオプティマスプライムだ

オプティマス:オートボットよ全員で突撃だ
出動せよ


敗北 ガルヴァトロン




ガルヴァトロン:また会おうぞ プライム
俺は生まれ変わったのだ



ラストシーン




オプティマス:創造主たちが何者かは知らぬがシードは彼らのものだ
敵は私を追って来る
私がいれば人間に危険が及ぶ
誰にも見つからぬ場所にシードを運ぶ

ケイド:また会えるか

オプティマス:ケイド・イエーガーよ
それは分からない
だが夜空を見上げる時
輝く星のひとつを私の魂だと思ってくれ

オートボットよこの家族を守れ
彼らが我々を守ったように
彼らを守るのだ
人間たちを信じて


エンディング




我々には解明できない謎が宇宙に存在する

だが 我々が何者で
なぜ存在するのかは
謎ではない
その答えは
我々が自分の中に持っている
私はオプティマスプライム
創造主たちよ
よく聞くがいい
地球に手を出すな
私はこれからお前たちの元に向かう


lostage-4.jpg

感想


「シカゴの惨劇」から5年後という設定でがらりと雰囲気が変わりちょっぴりほろ苦い大人向けの作品に仕上がっています。



何度も見返すことでより一層良さが伝わってくるのがこの物語の特徴。サムとバンブルビー、オートボット達の友情物語から一転オプティマスとケイドの男と男心で繋がる信頼関係が心に響きます。



過去あれほどまでに人間のために戦ったオートボットやオプティマスが5年後にはあまりにむごい仕打ちを受けていました。最も残酷な場面はラチェットがオプティマスの居場所を口を割らなかったことでロックダウンにとどめを射されるところ。何度見て悲しいです。共に戦っていたレノックスやサムはこのことをどう思うんだろうって想像したりして。但し全ての人間が墓場の風ジェームズ・サヴォイのようにシカゴで姉が死んだのはエイリアンのせいだとオートボットとディセプティコンとを一緒くたにし憎んでいたわけではなく一部の人間が企んだことで政府関係者も騙されていたようです。



反対に胸が震えるほど感動的場面はオプティマスの復活。顔や体系まで進化して金属ムキムキになっていました。



相変わらず可愛いバンブルビー。ストレイフとバンブルビーが一緒に戦いスティンガーをやっつける場面はスカッとしました。怯むことなくロックダウンに立ち向かいまわし蹴りをする場面も好きです。そして新たに加わったオートボットたちが多くの場面で笑いを提供してくれています。ラチェットに代わりその役目を担う形になったハウンドが新生ディセプティコンとの戦いで"ケツがつかえた"という場面は最高ですね。
lostage-5.jpg


ちなみにシェーンはケイドの家の前にかなり前から待機していたにも関わらず助けるタイミングがギリギリ。観ていて興奮する場面ですが助けるタイミングを見計らっていたのでしょうか。

 

それともう一つ気になる場面がオプティマスがガルヴァトロンと戦っている最中後方からロックダウンに襲われ船に連れて行かれる間オートボット達は何処へ行っていたのでしょうか謎です。




2011年公開シリーズ完結編"トランスフォーマー ダークサイドムーン"。

動画配給元:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

この作品は3Dで拝見しました。トランスフォーマーに至っては3Dだと映像がハードすぎてストーリーがあまり頭に入ってこないのが欠点です。

トランスフォーマーダークサイドムーン 主な出演者。



主な出演者
主人公 サム・ウィトウィッキー/シャイア・ラブーフ
サムの新たな恋人 カーリー・スペンサー/ロージー・ハンティントン・ホワイトリー
サムの父 ロン・ウィトウィッキー/ケヴィン・ダン
サムの母 ジュディ・ウィトウィッキー/ジュリー・ホワイト
元セクター7 シーモア・シモンズ/ジョン・タトゥーロ
シモンズの秘書ダッチ/アラン・テュディック
NEST大佐ウィリアム・レノックス/ジョシュ・デュアメル
元NESTロバート・エップス/タイリース・ギブソン
アメリカ合衆国国家情報長官 シャーロット・メアリング/フランシス・マクドーマンド
カーリーの勤務する会計会社社長ディラン・グールド/パトリック・デンプシー
アキュレッタシステムズ社副社長ブルース・ブラゾス/ジョン・マルコヴィッチ
アキュレッタシステムズ社員ジェリー・ワン/ケン・チョン
ウクライナ諜報員ヴォスコッド・ラドヌフ/ラヴィル・イスヨノフ
ロシア人宇宙飛行士
実在の人物/バズ・オルドリン

オートボット
オートボット総司令官オプティマス・プライム
バンブルビー
武器担当アイアンハイド
軍医ラチェット
機械技士キュー
レッカーズ航空宇宙司令官スタースクリーム
サイドスワイプ
ディーノ
ホィーリー
ブレインズ
ドレッズ

ディセプティコン
ディセプティコンのリーダー メガトロン
航空宇宙司令官スタースクリーム
軍事作戦司令官ショックウェーブ&ドリラー
情報参謀サウンドウェーブ
尋問兵レーザービーク
軍事作戦司令官ショックウェーブ&ドリラー
情報参謀サウンドウェーブ
尋問兵レーザービーク
バリケード
イゴール
デフコン
前任のオートボット指揮官センチネル・プライム


トランスフォーマー ダークサイドムーン あらすじ





自由のために戦うオートボットと独裁をもくろむディセプティコンとの戦いに我々オートボットは劣勢で敗北が迫っていた。

だが戦争の最終局面で我々オートボットの船が戦場を脱出した。我が星の運命を抱える大きな秘密の物体を乗せて。

それは絶望の中の最後の希望だった。だがその希望は消えた。



1961年月で衝撃が確認されていた。その数年後1969年月にアポロ11号が発射され人類初の月面着陸に成功。月の裏側(ダークサイド)を確認。21分間通信不能。そのとき彼らが目にしたものは生命反応のない地球外生命体だった。

 

現在サムは新たな恋人カーリーと暮らしていた。地球を二度も救い大統領から勲章までもらったというのに職探しに追われる日々。しかしある役員の推薦でアキュレッタ・システムズ社のメール室に配属される。



一方オートボットらは秘密部隊と共に世界各地で極秘の活動を続けていた。そんなある日彼らはウクライナのヴォスコッドの案内でチェルノブイリに来ていた。そこで大昔に失われたオートボットの船のエンジンを目にする。突然隊員たちはおぞましい姿のディセプティコン"ショックウェーブ"に襲われディセプティコンの手先として役目を果たしたヴォスコッドは直後殺害される。



NEST秘密本部 ワシントンDC 保険社会福祉省

船のエンジンのパーツがなぜ人間の手に渡っていたのか。アメリカ合衆国国家情報メアリング長官も誰もそのことを知らされていなかったのだ。そこで彼らはバズ・オルドリンからエイリアンの船について当時の内容を詳細に知ることとなる。



船の名はアーク。乗っていたのは敵を倒せるテクノロジーとその船の船長センチネル・プライム。テクノロジーの発明者で前任のオートボット指揮官。ディセプティコンより先に見つけなければまずい。オプティマスはオートボットの船(サンティウム)で月に向かいセンチネルを地球に連れ帰った。



サムは新たな職場でジェリー・ワンから極秘の声明文を手渡される。その後ワンは自殺に見せかけ殺害された。直後、サムもディセプティコンから再び狙われる身となる。保険社会福祉省に出向きワンが月のことを警告し殺害されたこと再びディセプティコンが戻ったとを訴えるがメアリング長官に冷たくあしらわれてしまう。



一方オプティマスはリーダーのマトリックスを融合しセンチネルを復活させた。コントロール・ピラーを含む柱5本を守ったことを伝えたがまだ他に数百本もあったという。そのテクノロジーは宇宙の形を変える絶大な力を持ち柱はスペースブリッジとなる それはセンチネルだけが操作できるものだった。



バンブルビーの援護で家まで送り届けられたサムだったが納得がいかない。そこでシーモア・シモンズにコンタクトを図る。一連の出来事を解明すべく集まったシモンズらはディセプティコンは何かを探してるのではなく逆に何かを隠したいんだということに気付く。そこへカーリーが帰ってくるが自ら危険に身をさらそうとするサムに対し行かないで欲しいと訴えるが首を縦に振らないサムにウサギの足をひきちぎって渡し去っていった。



サムとシモンズは二人のロシア人飛行士に接触。そこで入手した写真からディセプティコンがアポロ11号より先に柱を回収していたことがわかった。柱を操作できるセンチネルを放っておいたのはオプティマスにセンチネルを復活させるためだったのだ。



センチネルの援護を要請し共にネストへ向かうサムたち。ディセプティコンらの襲来でシモンズが大怪我を追ってしまう。



NESTに到着。レノックスからセンチネルの擁護を頼まれたアイアンハイドに突然襲い掛かるセンチネル。星を救うためディセプティコンらと取引していたと言いアイアンハイドにとどめを射した。センチネルは基地に保管していた柱をも奪っていった。メガトロンと地球で合流するはずが予想外の事態が起きた。センチネルを復活させるにはマトリックスが必要だったのだ



転送を開始したセンチネル。阻止しようと駆けつけたオプティマスに故郷を復興させるには敵と手を組むしかなかったと告げる。



一方パーティーからカーリーを連れ出そうとしたサムはディランから父親の代からディセプティコンと手を組んでいたことを知らされる。カーリーを連れ出しベンツに乗り込んだ二人だったがそれはメルセデスベンツ・SLS・AMGにトランスフォームしたサウンドウェーブだった。カーリーは捕らえられ車内に閉じ込められてしまう。ディランはオートボットに近づくためずっとサムを監視していたのだ。サムの就職もディランによる推薦だった。



サムの手首に腕時計が強制的に巻きつけらる。それは神経回路を通じサムを監視できるディセプティコンだった。オプティマスらがどのような戦術で反撃するのかを探らなければカーリーの命はないと脅迫する。



一方センチネルは国連に対し「必要な資源が入れば我々は引き上げる。そのためにはまずオートボットを追放せよ」という声明を出した。議会は可決されオートボットらは地球から追放されることとなった。



サムは、オプティマスにどう反撃するのかと問うが作戦などないという。そしてオプティマス、バンブルビーと別れの挨拶を交わし泣き崩れるサム。



翌朝サンティウムは地球を旅立った。だがディセプティコンによって船は爆破されてしまう。ようやくサムの腕から離れる時計。



サムはディランから掛かってきた電話の逆探知をシモンズらに依頼しカーリーのいる場所を特定する。発信場所はシカゴ トランプ・タワーのペントハウス。サムは再開したエップスらと共にシカゴへ向かった。



ディセプティコンの真の目的はサイバトロンを地球に転送し更にサイバトロンを復興させるため60億の労働力を必要としていた。



センチネルの命令でシカゴの街が封鎖された。ディセプティコンらは街を襲撃し破壊し始めた。



管制塔では無人機が撃墜され街の様子が全くわからない状態だった。無人機を飛ばすならトランプ・タワーに飛ばせとシモンズ。



焼け野原のシカゴに辿り着くサムたち。エップスに止められるが一人でもタワーに向かおうとするサム。そこへ敵の戦闘機が襲来。



現れたオプティマス率いるオートボット軍団。「これで政府も分かっただろう ディセプティコンは地球を去らない そこで我々が去ったと思わせたのだ 今日は自由の名のもとに奴らに戦いを挑む」彼らは切り離されたブースターに隠れ大西洋に着氷していたのだ。



敵は要塞で街を囲っていた。勝つには奇襲しかない。サムは墜落したディセプティコンの戦闘機に乗り込みバンブルビーの操縦でカーリーの元へ向かった。ビルに辿り着きカーリーを救い出すことに成功。



エップスとサムは米軍の無人機を見つけようやく管制官と通信が繋がる。レノックス率いるNEST部隊は座標を確認してサムらの元に向かった。オプティマスもオートボットらと出動。しかしショックウェーブの攻撃に遭いトレーラーが破損する。



ガラス張りのビルに向かったエップスとサムだったがビルが倒壊。追い討ちをかけるようにショックウェーブが制御するワーム型の巨大マシーンドリラーがビルを破壊していく。再びビルから放り出されるサムたちだったが非常階段に身を投じ助かった。そこへ現れたオプティマスの砲撃によってドリラーが破壊された。しかしショックウェーブの攻撃でオプティマスがワイヤーで引っかかり身動きが取れなくなってしまう。



センチネルは世界中のディセプティコンに呼びかけ柱の起動を開始させていた。



エップスらとはぐれたサムとカーリーは上空からやってきたスタースクリームに襲われる。カーリーを逃がしスタースクリームと一騎打ちになるサム。キューから預かった市街地戦闘用の試作品"ボム・スティック"と"よじ登りグローブ"を使いスタースクリームの片目を狙う。もがき苦しむスタースクリーム。そこに現れたレノックス。一か八かスタースクリームのもう片方の目を狙い爆弾を仕掛ける。紐を切り離した瞬間スタースクリームの顔が爆発。



ドームにあるコントローラーをめがけ管制官よりトマホークが発射された。目標まで20分。一方4体のオートボットが川の対岸で捕虜になっていた。



管制塔ではダッチのハッキングにより橋を下ろすことに成功



捕虜になったキューが先に殺害されてしまった。次はバンブルビー。ビーを助けようとするサムだったが武器はもう役に立たない涙が頬をつたう。その時船から破壊物が落ちてきた。船に吸い込まれていたホイーリーとブレインズが船の中を破壊したのだ。その隙を見てバンブルビーがサウンドウェーブを攻撃。



センチネルは転送を開始した。サイバトロンが地球に迫ってくる。



ようやくワイヤーから解き放たれ復活したオプティマスによりショックウェーブが倒されコントローラーが崩れる。



センチネルと戦うオプティマス。だがディセプティコン船からの砲撃で自由に動きが取れない。そのときトマホークが船を爆破。一方で再び柱を起動しようとするディラン。阻止しようとサムはディランともみ合いになっていた。そんな折カーリーはメガトロンをけしかける。



センチネルに圧倒され腕をもぎとられたオプティマス。背中からオプティマスを突き刺そうとした瞬間メガトロンに攻撃される。バンブルビーが作動中の柱を抱え転送を食い止めた。休戦を申し入れたメガトロンだったがオプティマスに倒された。





センチネル:オプティマス 私は種族の存続を望んだだけだ だからお前を裏切った
オプティマス:あなたは私でなく自分を裏切ったのだ・・・。




感想


ミーガン・フォックスの降板により新たに起用されたのはイギリス出身のモデル、"ロージー・ハンティントン・ホワイトレイ"。スタイル抜群で美しいヒロインでしたが残念ながら個人的にシリーズの中でDVD視聴リピート回数が一番低い作品です。ロストエイジのニューヒロイン"ニコラ・ペルツ"は最高にキュート。是非次回作にも登場して欲しいと願っていますが果たしてどうなるでしょうね。



ウサギの足をひきちぎりサムに渡すカーリー。意味が分からず腑に落ちないワンシーンでしたがDVDを見返すことで解明。ウサギの足には幸運のお守りと言う意味が含まれているそうです。



バンブルビーが捕虜になってショックウェーブに砲撃されそうになった瞬間サムが涙を流すシーンがあります。それよりなにより船が爆破された時点でオートボットらは全滅していたかもしれないのにサムよもっと悲しむべきではないかと思ったのですが、よくよく考えてみればカーリーを救い出すことを重要視したため嘆き悲しむシーンは不必要だったと理解するしかないです。



ディセプティコンのリーダー"メガトロン"はリベンジで受けた傷が未だ癒えず弱っていました。肩に掛かったハギレがそれを物語っていましたが剥いだり羽織ったりその動作が妙に可笑しかったです。カーリーの言葉に反応しもう一歩のところで見方であるセンチネルを砲撃。そのうえ休戦を申し入れるところなど残酷な奴だけど詰めが甘いところが憎みきれないキャラクターなんです。




センチネル:とても威厳のある平和な惑星だ サイバトロンの末期とは違う

オプティマス:結果が変わっただろうか 最後の戦いをあなたがしていたら

センチネル:過去を悲しむな若き戦士よ お前のおかげで我々は生き延びた

オプティマス:だがリーダーはあなただ 我々を導いてくれ 

センチネル:見知らぬ世界では教師は私ではない お前が私に教えてくれ


darksaidemoon-1.jpg
センチネル・プライムに対しては途中まで信じ切っていました。なのに既に裏切っていたとは。アイアンハイドを砲撃した時点で同情の余地が微塵もないのですが、それでも少しラストシーンは思うところはあるものです。


シリーズ三部作のあらすじを簡単にまとめるとオールスパーク(キューブ)→リーダーのマトリックス→センチネルの復活。

オールスパーク(キューブ)にリーダーのマトリックスの在処を指し示す座標が刻印されていた。そのリーダーのマトリックスを見つけ出すことによりセンチネルを復活させサイバトロンを地球に転送するというシナリオが描かれていたということですね。ディセプティコン軍団のトップはザ・フォールンだったということでしょうか。




WHAT'S NEW?