ホテル南風楼

 22, 2010 20:41
前回の記事の続き、

道の駅 みずなし本陣ふかえにて時間を過ごし、小浜まで車を走らせ
時間をつぶした後、この日の宿、ホテル南風楼に早々とチェックインしました。
ホテル南風楼1
外観は想像していたものより古い感じがします。

ホテル南風楼01

ホテル南風楼02

楽天トラベルで予約
宿泊プラン名:【号外】≪6.500円~≫激安!温泉へGO!特典満載!≪激得≫家族風呂★カラオケ★21Hステイ

プラン内容:【特典満載!SP企画】
■ 貸切家族風呂50分・入浴サービス(電話での事前予約要)
■ 朝寝坊OK!イン15時/アウト12時の『21時間ロングステイ』
■ カラオケボックス ~ 120分サービス(通常6,300円~電話での事前予約要)

120分サービスのカラオケボックス ↓
ホテル南風楼03

部屋タイプ:海の見える和洋室【6畳+ツイン】
(海の見える部屋 オーシャンビュー ゆったり和洋室 バス・トイレ付 バス・トイレ付 温水洗浄便座)

以上のスペシャルなプランで一泊二食付、大人1名なんとたったの¥6,900_!!!ヾ( ̄0 ̄;ノ

国道251号線からほんの少し入った所にあるホテルで、眼下には有明海が広がっています。

チェックイン手続きの間、ロビーに腰掛けお待ち下さいとのこと。
ホテル南風楼2

ウェルカムドリンクの代用として島原名物寒ざらし
おしぼりが出てきました。
ホテル南風楼3
とろりとした喉越しと甘味があります。

島原名物寒ざらしで一息ついた後、お部屋へと案内してくれます。

宿自慢の庭園 ↓
ホテル南風楼4

私達が宿泊する棟はどうやら潮館のようです。

古い棟のような感じがしますが、フロアの絨毯はキレイです。

室内は、期待に沿い古びた感じは全くなく清潔感があり、とても良い雰囲気の部屋です。
ホテル南風楼5

窓を開けて・・・
ホテル南風楼6

お茶請けも用意されていました。お茶はセルフサービスです。

ホテル南風楼7 ホテル南風楼8
ツインのほうは、こんな ↓ 部屋です。           ↑
ホテル南風楼9
室内のバスルーム ↓
ホテル南風楼10
使用はしていませんが広々としていますね。

次は、宿の温泉大浴場及び露天風呂の詳細です。

宿泊先の予約時、どの宿にしようか迷っていた際、
島原 唯一の掛け流し 海見露天の宿という文句に打たれ
ホテル南風楼に決定したわけですが
ホテル南風楼11
ホテル南風楼12

気泡風呂もあり、
ホテル南風楼13

サウナに水風呂も付いていました。

しかし・・・

私にとってこれさえあれば良いというほどに大好きな露天風呂は、
湯の量が低くチョロチョロと源泉は出ていても掛け流しにはなって
いませんでした。
ホテル南風楼14

ホテル南風楼15

ホテル南風楼16
露天風呂の湯の温度はぬるく夏場は気持ちが良いですが、一向に身体が温もらないので
内湯に浸かりなおしました。

泉質は、見た目には茶褐色の炭酸水素塩温泉。

加水・加温あり。

島原温泉は療養泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、 冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進等
多くの内容に効果あり。

入浴時間は、夜は12時まで
朝は、5時から入れます。

また、支配人曰く露天風呂から望む朝日は素晴らしいのだそうです。
この日は明朝5:30が朝日が昇る時刻だと知らせてくれましたが・・・起きられませんでした

なお追記として、タオル類は部屋から持参しなければなりません。
コインロッカーは10円がいるので、なるべく部屋の金庫に入れておくようにとのことでした。

更衣室は広く洗面台のスペースも広いので使用しやすかったです。
大浴場の備品は充実していて馬油ソープ・シャンプー・リンス、洗顔類も良いものが設置されて
います。洗面台の備品はドライヤー、櫛、保湿用温泉水が設置されていました。

また我が家の住人は、朝からもサウナを使用できたので良かったと言っていました。

大浴場の写真についてですが、連休前の平日の金曜日に関わらず大浴場には常に
入浴客がいたので、清掃前に撮らせていただいた物です
。)

我が家のプランには貸切風呂50分サービスもついていたので
せっかくですから使用させていただきました。
ホテル南風楼17
蛇口からは源泉が流れていました。少し熱かったので水道の蛇口をひねり温度調節。
窓を開け放して湯に浸かったので気持ち良かったです。

一応僅かなスペースで庭園風にアレンジしています。
ホテル南風楼18 ホテル南風楼19
風情があって良いですね。

そして宿の夕食及び朝食です。

夕食は地元島原半島の旬素材をたっぷり使った調理長おまかせの「お手軽会席御膳
となっています。「比較的に、あっさりとした献立となっております。」とのこと。
ホテル南風楼20
夕食は1Fのレストラン奥の一間一間仕切りのある、小部屋でいただきました。
ホテル南風楼21

韓国の研修生の方が時々料理を運んでくれるのですが、例えばお茶をお願いしても
少し言葉が通じにくいところがあり困りましたが、同じ研修生の男性従業員がてきぱきと
対応しフォローしていたので歓心しました。

最初に出ていた料理です。
ホテル南風楼22

かんぴょうのような食感ですが、味付けは良いです。
これは、一体何だったのでしょう?
ホテル南風楼23

カツオのたたき ↓
ホテル南風楼24

タイの酢味噌和え ↓
ホテル南風楼25

ずんだ豆を練りこんだ「ずんだ豆腐」だそうです ↓
ホテル南風楼26

具雑煮。郷土料理の一つだそうです。 ↓
ホテル南風楼27

ココからは後出しです。

冷たい茶そば ↓
ホテル南風楼28

焼き物 ↓
ホテル南風楼29

コチラ ↓ 温かい料理だと思い、口にしたら冷たい!
(温かければもう少し美味しく味わえたと思うのですが・・・
ホテル南風楼30

揚げ物 ↓
ホテル南風楼31

具雑煮に火が通りました。出汁が薄味で美味しかったです。
ホテル南風楼32

釜で炊かれたご飯です。甘味があってとっても美味しく全て平らげました。
ホテル南風楼33

なにせ¥6,900_!期待はしていませんでした。

私達全員の湯飲みが最後まで出てこなかったことやスリッパが一人分しかなくなっていたこと等
完全には行き届かない面もあったものの、食事中、支配人がわざわざ挨拶に来て下さったり一人の
研修生の対応が抜群に良かったこと等全体的にみて満足のいくものでした。

さて宿の朝食は、
「カラダにやさしくをテーマした献立をご用意!
日本庭園を望む開放的なレストランにてボリュームたっぷり!
和洋約30種類のこだわりバイキングをお楽しみ下さい。」だそうです。

受付時間は、AM7:00~AM9:00
しかし朝早くからは出発時間の早い団体さんが多いので
8:00過ぎにお越し下さいとのことでした。

レストラン会場 ↓
ホテル南風楼34

バイキングだと毎度欲張って取ってしまう癖があったので今回は控えめにしました。
ホテル南風楼35
しかし味噌汁とポタージュを一緒に持ってくるなど欲張ってますね。)

食後のコーヒーです。
ホテル南風楼36
オレンジジュースなど他にもいろいろありましたよ。

ホテル南風楼を総合的にみて、さまざまなサービスを提供し満足してもらおうという
一生懸命さが伝わる宿でした。

また女性スタッフより男性スタッフの接客が素晴らしかったです。

宿泊記録:2010年7月

※現在では内装もリニューアルされ随分変わった印象を受けます。
機会があれば再訪したいですね。



お次は、長崎市内観光 グラバー園続く・・・。


WHAT'S NEW?