今年のゴールデンウィークは、再び九州方面へ。

初日は九州熊本にある「阿蘇内牧温泉 五岳ホテル」に宿泊。
五岳ホテル-1

五岳ホテル-2

楽天トラベルで予約。

部屋タイプ:セミダブル(バス・トイレ付)

宿泊プラン名:五岳秘伝!醤油だし豚しゃぶ鍋コース
(24時間入浴可能の天然温泉と家族岩風呂が利用可。)

一泊二食付、大人1名¥5,350_×2名=¥10,700_
別途入湯税¥150_×2=¥300_

と!めちゃくちゃお得な宿泊価格に驚きです。

この際多少のことには目をつぶろう
期待?せず訪れました。

天然温泉付きビジネスホテルとうたわれている通り、
見た目にもすがすがしい緑と空気に囲まれた内牧温泉内にあるビジネスホテルといった雰囲気です。

ホテルの方の接客は、フランクでとても感じ良かったです。

フロントでチェックインの際、鍵を預かりエレベーターで部屋に向かいます。

なぜか電源の入ってない冷蔵庫がフロアにいくつか設置されていました。
五岳ホテル-3
個人的には使用しにくいですね。

室内はこのような感じです。
五岳ホテル-4
決して近代的では?ありませんがソファーもあり、ベッドも広く備品もそろっていて
清潔感もあるので悪くないです。
五岳ホテル-5

五岳ホテル-6

五岳ホテル-7

お次は、宿の温泉大浴場と貸切風呂です。

24時間入浴可能で80年間の歴史があるそうです。

男女別温泉大浴場です。
五岳ホテル-8
源泉を保つために湯船は、あまり広くないということですがそこそこ広いです。
五岳ホテル-9

五岳ホテル-10
お湯は源泉かけ流し黄褐色のにごり湯で、質、温度ともにとても気持ち良かったです。
滞在中何度か利用させていただきました。
五岳ホテル-11
泉質:ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉。
慢性皮膚病、神経痛、肝臓病等に効能あり。

日帰り入浴可能。大人1名¥300_で利用できるようです。

貸切風呂は二つあり、それぞれ入り口が別々になっているのですが、中で二つの貸切風呂が
木のドア一つで繋がっていたと思います。

向かって左側の貸切風呂です。
五岳ホテル-12
湯船に映っているものは赤いネオンライトです。
五岳ホテル-13

もう一方の貸切風呂です。
五岳ホテル-14
こちらの方が明るかったです。
五岳ホテル-15

貸切風呂もかけ流しです。

残念ながら、左側にあった一方の貸切風呂の入り口の鍵が壊れていた為利用しませんでした。

お次は、宿の食事です。

夕食は、18:00、18:30、19:00の中から好きな時間帯を選び、2Fの畳部屋でいただきます。

メニューは鰹、昆布でじっくりとった醤油ベースで食べる豚しゃぶ鍋をメインに馬刺し他数品あります。
五岳ホテル-16

五岳ホテル-17

五岳ホテル-18
豚しゃぶ鍋が二人前でも結構な量です。

出汁が少し醤油濃かったですが全体的に家庭的な味わいの料理で美味しかったです。

朝食は1F大浴場前の食堂でいただきます。
時間帯は7:00~9:30まで。

皆さん朝は早いのか、大半の宿泊客の方たちは朝食を終えられていました。

そのせいでしょうか、食堂では案内されるでもなく、ただ空いた席に着けば良いようでした。
テーブルには既に朝食のおかずの入った容器が置かれていましたが、我が家は2名なのに
1名分しかなく調理場の中で声はしているのですが、誰も出て来なかったので声を出して
何度か呼ぶとやっと中から従業員の方が出てきました。

しかし挨拶するでもなく、たんたんと朝食の準備をするだけです。朝食担当の従業員の
接客には「ん?」と首をかしげるものがありました。
私達の後から来た方たちも、どうすれば良いのかとまどっているようでした。
五岳ホテル-19
帰り際に「ごちそうさまでした。」というと「ありがとうございました。」の声掛けは一応ありましたが・・・。

温泉もいいお湯だったし、食事も美味しかったので全体的にとても良い宿でしたが
朝のこのことだけが残念です。

こちらは ↓ おまけ
五岳ホテル-20

五岳ホテル-21
フロント前のアイスボックスにあったご当地限定アイスもなかです。
ホワイトチョコがコーティングされていて美味しかったです。

宿泊記録:2011年5月


スポンサーサイト

WHAT'S NEW?